top_line

「嫌いじゃない」男が喜ぶ彼女の甘え方4つ

愛カツ

男性というのは女性から頼られたり甘えられたりするのが好きな生き物。

しかし、甘え方を間違えると、「うっとうしい」ということにもなってしまいます。

そこで、どのような甘え方をすると男性は嬉しいものなのか、街でお話を聞いてきました。

甘え方が分からないという女性はぜひ参考にしてみてください。

「起きろ!」と彼に馬乗り

「彼女がうちに泊まりに来たときの朝とか『起きろ~!』って馬乗りになって起こされれるんですけど、嫌いじゃないです。『もうちょっと寝かせて~』というやり取りをするのが好きです」(Eさん・28歳男性)

いつまでも寝ている彼を「起きろ!」と強引に起こす方法も男性は嫌いじゃないようです。

さらに「キスしちゃうぞ~」といったようにさらに甘えるといいかもしれません。

「朝、俺を起こしに来た彼女が諦めて一緒に二度寝したときは笑いました」といった意見も紹介しておきます。これくらいゆるくていいようです。

「冷蔵庫のプリンちょうだい!」

「お菓子に目がない時の彼女を見ると可愛いなって思います。『冷蔵庫のプリンちょうだい!』とか本気で言ってくるんです。『しょうがないな~』とか渋々感を出すんですけど、嫌いじゃない」(Tさん・26歳男性)

お菓子などをおねだりするという甘え方も男性は好きみたい。

「一緒に食べようと思って2つ買ってきたんだけど、2つとも食べちゃダメ?」という感じで甘えるのもアリです。

「おいおい」といいながら笑ってくれるでしょう。

「もっと褒めて!」

「彼女のことを『料理上手いね』とか『手際がいいね』って褒めると、『もっと褒めて!』って言われるのが好きです」(Nさん・27歳男性)

他にも「今日のデートのためにワンピースを買っちゃいました!」といった感じで、褒めて欲しいところを自らアピールする方法も有効です。

「似合ってる?」と聞いて「似合ってるよ」と言ってくれたら、思いっきり喜びましょう。

「いっちゃヤダ~」

「今の彼女って出かける時とかデートが終わって別れる時に『いっちゃヤダ~』ってだだをこねるように甘えてくるんです。『また来週会えるんだから』と言うんですけど、その時間が結構好き」(Rさん・28歳男性)

別れる時にさみしがるのも男性が嬉しいパターンの1つ。

「もう帰っちゃうの?」とか「もっと一緒にいようよ~」とだだをこねてみましょう。

しかし、終電を逃してしまったり、遅刻してしまったりと迷惑をかけてしまいますのでやり過ぎはNG。

ちょっとゆるくて冗談をいえる感じが◎

男性が「実は嫌いじゃない」と思う女性の甘え方をご紹介しました。

やり過ぎるとうざくなってしまいますが、ちょっとだけだだをこねたりすねてみる、というのも効果的なようです。

ちょっとゆるくてお互いに冗談を言えるような甘え方が効果的。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル