top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東出昌大主演、岩松了作・演出舞台『二度目の夏』が開幕 テーマは“嫉妬”

SPICE

 

2019年7月20日(土)から下北沢・本多劇場にて、岩松了作・演出、東出昌大主演の舞台、M&Oplays プロデュース『二度目の夏』が上演される。初日に先立ち、公開フォトコールと初日前会見が行われた。その様子をお伝えする。

フォトコールでは、舞台の冒頭約30分が公開された。


『二度目の夏』公開フォトコール



代々続く田宮家の会社を継ぎ、六代目社長となった田宮慎一郎(東出)は、妻のいずみ(水上京香)と結婚して二度目の夏を郊外の別荘で迎えた。慎一郎が東京へ出張している間、彼の後輩でもあり親友でもある北島謙吾(仲野太賀)がいずみの遊び相手をつとめるが、いずみと謙吾の親しげな様子を見て、田宮家に先代から仕えている相談役の落合道子(片桐はいり)は悪い噂が立つのではないかと心配していた。家政婦の前田早紀子(清水葉月)、慎一郎の秘書・上野忠(菅原永二)といった周りの人々の思いも交錯し、生じた嫉妬から物語は不穏な方向へと進み始める……。

広告の後にも続きます


『二度目の夏』公開フォトコール




『二度目の夏』公開フォトコール



美しい別荘で、裕福で穏やかに夏を過ごしているように見える人々の心の中に渦巻く様々な感情が、短い公開シーンからにじみ出てくるようだった。この場面に登場した些細な出来事、小さな感情のもつれが、この後の展開にどのように影響を及ぼしていくのか、物語の続きが気になる。


『二度目の夏』公開フォトコール



東出の立ち振る舞いの美しさと時折見せる鋭さが、良家で何不自由なく育ってきた男の余裕と危うさをのぞかせる。仲野は、親友のためならばと献身的に尽くす人の好さが出ている。水上は奔放な社長夫人のいずみを無邪気な人物像で見せる。清水と菅原は、それぞれ心の中に何か隠している後ろ暗さを感じさせ、物語の不穏さを増長させている。片桐は、長年仕えているからこそ田宮家をあれこれ心配する思いが強すぎてしまう様子が出ており、東出と対峙するシーンには緊張感が走る。


『二度目の夏』公開フォトコール



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル