志尊淳、出産を控えた女性とホテルへ…主演の官能ドラマ『潤一』第1話

志尊淳、出産を控えた女性とホテルへ…主演の官能ドラマ『潤一』第1話
志尊淳が主演を務める話題のドラマ『潤一』(カンテレ※関西ローカル)の第1話「英子」が7月12日(金)25時55分から放送される。放送に先駆け、映子を演じる藤井美菜からコメントが到着。併せて第1話の場面カットも公開された。

志尊淳が主演を務める話題のドラマ『潤一』(カンテレ※関西ローカル)の第1話「英子」が7月12日(金)25時55分から放送される。放送に先駆け、映子を演じる藤井美菜からコメントが到着。併せて第1話の場面カットも公開された。

本作は、直木賞作家・井上荒野による同名小説を原作に、映画監督の是枝裕和を中心とした製作者集団「分福」が手がける渾身の官能ラブストーリー。志尊演じる妖艶でミステリアスな青年“潤一”と、6人の女性の流れゆく恋を描いていく。

志尊は本作で自身初となるヌードに挑戦し、官能的なベッドシーンを惜しげも無く披露。俳優として新境地を切り拓く。そんな志尊と相対するのは、6人の女優陣。第1話で登場する藤井のほか、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子といった実力派女優たちが各話に登場する。

第1話で描かれるのは、映子と潤一のつかの間の恋。出産を控えた映子(藤井)は、自身がインストラクターを務める太極拳教室を訪ねた際、レッスン中に飛び込んできた1人の青年、潤一(志尊)と出会う。見様見まねで美しい動きを見せる潤一に、目が離せなくなってしまう英子。ある日、たまたまコーヒーショップに居合わせた潤一と映子は、そのままホテルに行き……。

本作で映子を演じた藤井は、「脚本を読んで、無限に広がる可能性を感じる何とも言えない魅力的な作品だと感じました」と絶賛。自身の演じた役については、「もうすぐ出産を迎えるという事実に対して、幸せは漠然と感じているけれども、どこか受け入れられず戸惑いを感じているという心の揺らぎを、しっかり芯を持って演じたいと思いました」と演技プランを明かした。

続けて藤井は、「映子が潤一と一番向き合うところである喫茶店のシーンと、旦那さんと産婦人科で子供を見守りながら話すシーンが、映子の感情がミックスされた大事な部分だと思っていまして、監督といろいろ話しをして調整しました」と語り、「ぜひ皆様、第1話・映子をご覧ください」と締めくくった。
更新日:2019年7月12日
提供元:テレビドガッチ

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME