top_line

横浜流星×飯豊まりえ、映画『いなくなれ、群青』ムビチケ情報発表! 松岡広大・黒羽麻璃央らのキャラクター設定も解禁

エンタメステーション

9月6日(金)全国ロードショーされる、映画『いなくなれ、群⻘』のムビチケ情報が解禁された。

本作は謎だらけの階段島を舞台にした唯一無二の世界観と、心に深くくさびを打つような美しい文章で、広く熱く愛されている河野裕の同名小説を新鋭・柳 明菜監督が映画化したもの。「不幸じゃなければ、幸福だと言い張ることだってできる」と考える悲観的な主人公の七草役に横浜流星、彼の幼馴染で「真っ直ぐで、正しく、凛々しい」真辺由宇を飯豊まりえが演じる。

そんな本作のムビチケが本日7月12日(金)より全国の上映劇場にて発売となることが決定! ムビチケを購入すると1枚につき1セット、劇中の場面カットや原作書籍の表紙がデザインされた、限定ポストカードがプレゼントされる。今回のポストカードはキャスト陣の新規カットばかりで、本作の美しい世界観を堪能できる仕上がりとなっている。さらに、原作文庫の貴重なバウンド・プルーフ(関係者向け見本)用のビジュアルもポストカードのデザインとして使用されており、映画の公開を待つファン、原作小説のファンにとっては必携の特典だ。

また、七草を演じる横浜、真辺を演じる飯豊のほかの出演者が演じるキャラクターも発表。矢作穂香は、人と話すのが極端に苦手な、おとなしい女子・堀、松岡広大は七草の友人でゲームミュージックがないと落ち着かない・佐々岡、松本妃代は眼鏡が似合う優等生の学級委員長・水谷、中村里帆は心にトラウマを抱えるヴァイオリニスト・豊川、そして、黒羽麻璃央は、七草が唯一心通わせる友人であり孤高の文学青年・ナドを演じる。さらに、七草や真辺が通う学校の担任トクメ先生を伊藤ゆみ、階段島の郵便局員・時任を片山萌美、階段島のタクシー運転手・野中を君沢ユウキ、七草が住む三月荘の管理人・ハルを岩井拳士朗が演じる。

『いなくなれ、群青』特典付きムビチケカード
価格:1400円(税込)
発売日:7月12日(金)全国の上映劇場にて発売
特典:限定ポストカード6枚セット 
※数に限りあり。
※デザインはイメージ。
※一部劇場や販売サイトによって時間が変わる。

【STORY】
「階段島。僕たちはある日突然、この島にやってきた。どうして島にやってきたのかを知る人はいない。島の秘密なんてものを、解き明かしたいとは思わない。――この物語はどうしようもなく、彼女に出会った時から始まる」

「僕たちは初めから、矛盾しているんだよ」悲観主義の七草と、理想主義の真辺由宇。根本から矛盾し合っている二人が、階段島で再会した。奇妙だけれど平和で安定した生活を送る住民たち。そんな彼らの日常は、真辺由宇の登場によって大きく動き始める。奇妙な島。連続落書き事件。そこに秘められた謎…。僕はどうして、ここにいるのか。彼女はなぜ、ここに来たのか。やがて明かされる真相は、僕らの青春に残酷な現実を突きつける。

作品情報

『いなくなれ、群⻘』
9月6日(金)全国ロードショー

原作:河野裕『いなくなれ、群⻘』(新潮⽂庫 nex)
出演︓横浜流星 飯豊まりえ 矢作穂香 松岡広大 松本妃代 中村里帆 伊藤ゆみ 片山萌美 君沢ユウキ 岩井拳士朗/黒羽麻璃央
監督︓柳明菜
配給︓KADOKAWA/エイベックス・ピクチャーズ
©河野裕/新潮社©2019 映画「いなくなれ、群⻘」製作委員会

オフィシャルサイトinakunare-gunjo.com

『いなくなれ、群⻘』原作

横浜流星×飯豊まりえ、映画『いなくなれ、群青』ムビチケ情報発表! 松岡広大・黒羽麻璃央らのキャラクター設定も解禁は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル