マンCの“最新版”戦術とは? あまりに強すぎた理由と驚異的だったチームと選手の進化【18/19シーズン総括(2)】

マンCの“最新版”戦術とは? あまりに強すぎた理由と驚異的だったチームと選手の進化【18/19シーズン総括(2)】
CLこそ敗退したが、強すぎたマンチェスター・シティ2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑…

CLこそ敗退したが、強すぎたマンチェスター・シティ

2018/19シーズンは、これまでスペインが握っていた欧州の覇権がイングランドへと移る結果で幕を閉じた。タイトル獲得や昨季からの巻き返しなど様々な思惑を抱えていた各クラブだが、その戦いぶりはどのようなものだったのだろうか。今回はマンチェスター・シティを振り返る。(文:内藤秀明)
—————————————————–

 昨シーズンのマンチェスター・シティにおける一番の目標は、チャンピオンズリーグ優勝だったようだ。しかし結果的には準々決勝でトッテナムを相手に敗戦。一番欲しいものは簡単に手に入らない。それはどの世界でも同じようだ。悩ましい。

しかしCLベスト8での敗退は、なにもシティの強さや成功を全て否定するわけではない。プレミアリーグ、FAカップ、カラバオカップ、全て優勝。国内三冠を成し遂げたシティの強さは、リーグ戦で勝ち点100も積み重ねた2017/18シーズンと同等か、それ以上に際立っていた。

 過去まれに見る強さを見せて勝ち点を97に積み上げたリバプールを、わずか勝ち点1だけとはいえ、上回っての優勝だったこともシティの強さをさらに印象づけた。特に終盤はリーグ戦14連勝で、リバプールに一切付け入る隙を見せなかった。むしろシティが強すぎたことで、リバプールが可哀そうに見えてくるほどだ。

 では昨シーズンのシティは具体的にどのような進化を見せ、国内で無双状態を誇ったのだろうか。

戦術面のシティの進化とは

 当たり前のことだがボールを極力保持する戦略に変わりはない。ただし崩しの方法はアップデートされた。3バックの試合もあったが、基本的には4-3-3のシステムを採用し、インサイドハーフの位置をかなり高めに設定したのが昨シーズンの一番の変化だろう。

 これまでだと、3枚の中盤のうち、一枚のインサイドハーフはストライカーの近くまで上がるが、もう一枚のインサイドハーフとDMFはバランスを見て低めの位置をとることもあった。ただし昨シーズンはインサイドハーフが2枚とも、ほぼ前線に位置するポジションをとった。3トップと合わせて、事実上の5トップ状態である。

 相手が4バックで守る場合、この配置だとシティのウイングは必ず1枚フリーになることを意味する。片方のサイドでパスを回して相手を引き付けた後にサイドチェンジをすると、両ウイングがかなり自由な状態で仕掛けることができる。あるいは相手DFがウイングに気を取られてサイドに意識が向かったところを、中央から崩すことも可能だ。

 とはいえ相当前がかりな配置なので、ボールを奪われた後の守備には、例年以上に細部までこだわったはずだ。工夫のうちの一つで言えば、以前から取り組んでいることだが、サイドバックのカイル・ウォーカーが絞り気味のポジションをとることで、中盤の選手としても、サイドバックとしても守備面で機能するようにしていた。また全選手が当然のようにハードワークを欠かさなかったことも付け加えておきたい。

 いずれにしてもシティはこの戦い方で例年以上に主導権を握ることに成功したのだ。

選手たちの成長

 進化したのは戦術面だけではない。選手もだ。多くのプレイヤーがさらなる伸びしろを見せたので、全員に触れることは難しいが、特に目立った選手たちについて取り上げていきたい。

 まずはセルヒオ・アグエロ。一昨シーズンの出来をみると、ストライカーのファーストチョイスはガブリエル・ジェズスに思われたが、アルゼンチン代表ストライカーは既に30歳を超えているにもかかわらずプレースタイルのアップデートに成功した。

 アグエロといえばもともと、得点はとるが、それ以外の仕事はほとんどしない印象だった。良い意味でも悪い意味でも、戦術フリーの点取り屋だったのだ。だからこそペップの要求する相手を崩すための偽9番的なボールを引き出す動きなどには、ほとんど適応できておらず、若いジェズスのほうが序列が上に見えたのだ。一昨シーズンまでは。

 昨季のアグエロは、中盤から縦パスを引き出す動きを習得して、円滑なポゼッションにも貢献するようになった。結果として、パスワークの場面で悪い意味で浮いてしまうことはほぼなくなり、ペップの信頼を得ることに成功した。

 ポゼッションにも集中するようになったからといって、得点もおろそかになっていない。きちんとリーグ戦では21ゴール決めてチームのトップスコアラーになっている。

 ベテランになってからの進化だったこともあり、多くのファンを驚かせた。

 前線で進化した選手でいうと、ラヒーム・スターリングも同様だ。

 突破力は間違いないが、その後のプレーに課題を抱えていたイングランド代表アタッカーは、フィニッシュ面のクオリティ向上に成功し、リーグ戦では17ゴール決めることに成功した。

 あとはこれを継続していきたいところだ。

デブライネ離脱の穴を埋めたのは

 思い返すと昨シーズンはケビン・デブライネが負傷離脱している期間が長かった。

 一昨シーズンはMVP級のパフォーマンスを披露したベルギー代表MFの離脱は大きな痛手だったはずなのだが、実際はそこまで目立つことはなかった。ベルナルド・シウバがその穴を埋めたからだ。

 B・シウバのもともとポジションはウイングだ。しかしペップの下で成長することで、インサイドハーフとしてもプレー可能であることを示した。

 特に向上したのは守備面だろうか。以前は攻守の切り替えがやや遅くなる面もあったようだが、昨季はそんな欠点一切見せなかった。それどころか無尽蔵にピッチを走り回り、時には1試合の走行距離が13kmも超え、誰よりも存在感を発揮した。それでいてボールを持った際には突破の選択肢もパスで周りを生かす選択肢もあるのだから驚きだ。

 また中盤の攻撃面を活性化させたという意味では、ギュンドアンがようやくシティのサッカーに100%フィットできたのも大きかった。これまでのDMFに関してはフェルナンジーニョ一択で、彼の負傷と共に勝ち点を落とす例も多かった。実際、昨シーズンの年末、レスター戦とクリスタル・パレス戦で敗れた試合では、ブラジル代表MFが不在で、中盤のフィルター面に難を抱えていた。

 しかし年明け以降、ドイツ人MFがシティの戦術にハマった。フェルナンジーニョほどではないもののフィルターとして一定機能しつつ、攻撃面ではブラジル人以上に貢献。攻撃のスイッチを入れる縦パスを何度もいれて得点の起点となるばかりか、精度の高いアーリークロスもボックス内に送り込んだ。時にはボックス内へ飛び込んでいき、自身でゴールを決めるプレーも見せた。

 ギュンドアンの台頭で、攻撃的に戦いたい試合と守備的に戦いたい試合で、DMFを使い分けることができるようになったと言える。

来季シティはどう進化する?

 このように挙げだすとキリがないほどに本当に多くの選手たちが成長を見せた。 その結果としての国内三冠なのである。

 さて、国内最強の座をまた手にしたシティは、昨季の主力はそのままにアトレティコからロドリというフェルナンジーニョとも、ギュンドアンともまた色の違う司令塔型のDMFを獲得した。これを受けて昨シーズンから少し試しつつあるフェルナンジーニョをCBに置く戦い方を本格化させるのか。あるいは他の選択肢を考えているのか。

 既に最強に思えるシティだが、ペップは常に新しい何かに挑戦する。チャンピオンズリーグ優勝という一番の目標を達成できていないのでなおさらだ。

 来季はどのようにアップデートされたシティを見られるのか。開幕前から本当に楽しみでならない。

(文:内藤秀明)

【了】

更新日:2019年7月12日
提供元:フットボールチャンネル

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME