top_line

高橋一生、岡田准一との親密過ぎる関係や『カルテット』撮影秘話を披露

テレビドガッチ


俳優の高橋一生が、7月13日に放送される阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS・TBS系、毎週土曜7:30~)に出演する。

8歳のときに児童劇団に入り、子役としてデビューして、今年で芸歴30年。ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』や『カルテット』等の話題作に次々と出演し、2018年の秋からは3期連続でドラマの主演を務めるなど、めざましい活躍を見せている。また、今年の「結婚したい男ランキング」では第2位にランクイン。そんな人気俳優としての地位を確立しつつある高橋が番組に登場する。

阿川と「初めまして」の挨拶を交わした高橋は、最近の活躍について、「ありがたいです。主演をさせていただかないとわからないことがある」と心境を告白。映画好きな祖母の影響で幼少期は数多くの映画作品に触れていたという高橋は、俳優を続ける上で原動力になっている祖母とのエピソードや、演技の道へ進む決意を固めたジブリ映画『耳をすませば』との出会いなど、自身の“転機”となった瞬間を語る。

さらに、「デキてる!?」と周囲が湧いたほど仲良しな大親友・岡田准一との親密過ぎる高校生活や、「あんなに心地良い空間を体験できることはなかった」と振り返るドラマ『カルテット』での撮影秘話についても話が展開。

そして、「嫁にしたい」と言われたこともあるという私生活でのエピソードも披露するなど、ドラマでは見られない高橋の素顔を阿川がたっぷりと引き出していく。

TOPICS

ランキング

ジャンル