ツタをプロシージャル生成するUnity向けオープンソースツール「Hedera」が公開

ツタをプロシージャル生成するUnity向けオープンソースツール「Hedera」が公開
ゲーム開発者兼教授のRobert Yang氏は、ツタをプロシージャル生成するUnity向けオープンソースツール「Hedera」を公開しました。

ツタをプロシージャル生成するUnity向けオープンソースツール「Hedera」が公開

ゲーム系の大学NYU Game Centerの教授でゲーム開発者でもあるRobert Yang氏は、ツタをプロシージャル生成するUnity向けオープンソースツール「Hedera」を公開しました。

new tool release: Hedera is my new 3D ivy painting tool for Unity with detailed growth sim and proc gen mesh options… includes ivy shaders, textures, and 5 presets for realistic or cartoon ivy… free and open source, get it here: https://t.co/temfBwxiZE pic.twitter.com/cro41ZbFtg— Roberto Yanga (@radiatoryang) 2019年7月9日
「Hedera」は、Thomas Luft氏の開発した「An Ivy Generator」を基に作成された、3Dのツタをプロシージャル生成できるUnity向けのオープンソースツール。ツタの成長をシミュレートするほか、プリセットを切り替えることでリアル調からカートゥーン調まで、様々な見た目のツタを生成できます。

樹木をプロシージャル生成するツールとして有名な「SpeedTree」のように、ゲーム開発の高速化・コスト削減に寄与することが期待できるのではないでしょうか。「Hedera」はGitHubからダウンロード可能です。

余談ですが、Yang氏は『Radiator』シリーズや『Rinse and Repeat HD』などといったタイトルを開発したことでも知られています。
更新日:2019年7月11日
提供元:Game*Spark

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME