ドジャース、正遊撃手シーガーが復帰へ ポストシーズンへ向け勢い増す

ドジャース、正遊撃手シーガーが復帰へ ポストシーズンへ向け勢い増す
シーガー3兄弟の末っ子 ロサンゼルス・ドジャースのコーリー・シーガー内野手が後半戦の初戦から復帰する予定であることが分かった。米メディア『ESPN』が10日(日本時間11日)、伝えている。 …

シーガー3兄弟の末っ子

 ロサンゼルス・ドジャースのコーリー・シーガー内野手が後半戦の初戦から復帰する予定であることが分かった。米メディア『ESPN』が10日(日本時間11日)、伝えている。
 
 前半戦を60勝32敗で折り返したドジャースは、2位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスと13.5ゲーム差をつけるなど今季も圧巻の成績。既に独走状態に入っているが、後半戦ではさらにパワーアップしそうだ。
 
 同サイトによると、ドジャースはコーリー・シーガー内野手が10日間の負傷者リスト(IL) からチームへ合流することを発表。後半戦の初戦となる12日(同13日)のボストン・レッドソックスとの3連戦の初戦から復帰する予定だという。
 
 これまではクリス・テイラー内野手、エンリケ・ヘルナンデス内野手らユーティリティープレイヤーがショートの穴をカバーしていたが、遂にシーガーが定位置に戻ってくる。また、シーガーの代わりにマット・ビーティ外野手が3Aオクラホマに降格する。
 
 約1カ月ぶりの復帰となるシーガーだが、そこに至るまでは険しい道のりを歩んできた。
 
 2012年にドジャースから1巡目(全体18位)で指名されプロ入り。シアトル・マリナーズのカイル・シーガー内野手、マイナーリーグでプレーしたジャスティン・シーガー内野手を兄にもつなど、“シーガー3兄弟”の末っ子として大きな期待が寄せられた。
 
 そして2015年に21歳の若さでメジャーデビュー。翌年にはドジャース正遊撃手の座を射止め、ナショナル・リーグ新人王を受賞。以降も主力選手として順調なキャリアを送っていた。
 
 しかし、昨季は5月に右肘の靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)、8月に股関節手術を受けるなど度重なるけがに悩んだ。リハビリの末、今季開幕戦には間にあったものの、6月12日(同13日)のロサンゼルス・エンゼルス戦で左ハムストリングスの故障で戦線離脱。またもIL入りとなっていた。
 
 今季は離脱するまで66試合に出場し、打率.278、8本塁打、38打点、OPS(出塁率+長打率).828の成績。優秀な遊撃守備も持ち合わせており、貢献度は非常に高い選手なだけに、復帰後はドジャースの勢いをさらに加速させる存在になる。
 
 なお、ドジャースには感染症で右肘の炎症を起こし、手術を受けたA.J.ポロック外野手にも復帰の可能性が浮上しているという。地区優勝に着々と近づいているドジャースだが、ポストシーズンへ向けてさらに戦力が整ってきた。

更新日:2019年7月12日
提供元:ベースボールチャンネル

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME