ロッテ・鈴木大地 開幕スタメン落ちからの大逆襲/前半戦MVP

ロッテ・鈴木大地 開幕スタメン落ちからの大逆襲/前半戦MVP
6月度の打者部門で月間MVPに輝いた鈴木 3月29日の楽天との今季開幕戦(ZOZOマリン)。スタメン落ちどころ

6月度の打者部門で月間MVPに輝いた鈴木

 3月29日の楽天との今季開幕戦(ZOZOマリン)。スタメン落ちどころか、最後まで出場なしに終わった鈴木大地は試合後、バットを手に室内練習場へ向かった。チームの勝利は心底、喜んだが、この男には歓喜の余韻に浸っている時間はなかったからだ。

「毎日、自分のやれることを100パーセントやろうと思っている。それがチームのためになる」。出番の有無にかかわらず、昨季途中から始めた試合前のロングティーと試合後、室内練習場でのマシン打撃だけが心の拠り所だった。レアードの加入で三塁の定位置は失ったが、中学時代以来の外野挑戦となった左翼、内野の全ポジションにDHと日替わりの仕事を黙々とこなした。

 努力は報われるものだ。6月16日の中日戦(ZOZOマリン)では5点差の9回に大逆転サヨナラ劇の号砲となる10号ソロに加え、打者一巡して回ってきた打席ではバットを折りながら、今季3度目のサヨナラ打を放った。

 同18日の広島戦(マツダ広島)では1対2の5回二死、バティスタの本塁打になる打球を左翼フェンス際でジャンプし、ホームランキャッチ。これが左翼では2試合目で初の守備機会だった。「一生、覚えていると思う」。

 交流戦は打率.368(2位)、6本塁打(5位タイ)、17打点(2位)とMVP級の働き。6月度の打者部門で月間MVPを獲得したのも、納得の輝きを見せた。

 2本塁打した6月22日、ヤクルト戦(神宮)のお立ち台で「本当に心が折れなくて良かった」と言った。バットは折れても、折られることのなかった自分を信じる力が、背番号7の原動力だった。

写真=BBM
更新日:2019年7月11日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME