top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡田将生「『ハムレット』の経験を生かしたい」 『ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~』に挑む意気込み

SPICE

 

イギリス人演出家サイモン・ゴドウィンのもと、『ハムレット』のタイトルロールに扮して熱演を見せたばかりの岡田将生が、次いで挑む舞台は『ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~』。イギリス人劇作家アレクシ・ケイ・キャンベルの戯曲で、上村聡史が演出を手がける。岡田に本作への意気込みを聞いた。

――『ハムレット』の公演が終わってすぐに『ブラッケン・ムーア』のお稽古に入られます。

初めて舞台を経験したときから、ライブ感とか、お客様と時間を共有できること、伝えたいこと、伝えきれなかったこと、そういったさまざまなことを勉強させていただき、舞台をやりたいという気持ちがとても強くなってきていました。だいたい一年に一本くらいのペースでやらせてもらってきたんですが、自分の中で100点が出ることは一回もなくて。大千穐楽を迎えたときに後悔している自分がいるんです。充実感とかやりきった感はすごくあるんですが、演出家が求めていることや、演者たちみんなで創り上げてきたものが正確に伝わることって難しいんだなと、毎回終わるたびに思います。そのたびに、舞台をまたやりたい、また板の上に立ちたいと思うことが多くなって。『ハムレット』が終わったときもやはりそういう感じだったんです。一年経つとその感覚が薄れてしまったりするんですが、今回は間をおかずに舞台をやらせていただけて、『ハムレット』の感覚を忘れず、生かせるうちにできるのがうれしいことだなと思っています。


岡田将生



広告の後にも続きます

――作品の魅力についてはいかがですか。

脚本が本当におもしろいんです。会話劇なんですが、最初、ホラーなのかなと思って。以前、二人芝居『ウーマン・イン・ブラック』でホラーをやらせていただいて、正直、なるべくホラーは遠慮したいな……という気持ちがあったんです。ところが、全然違う作品で。人間の愚かさや、想像力が扱われていて、無限の可能性を感じる作品でした。

上村さんの演出作品は『炎 アンサンディ』と『大人のけんかが終わるまで』を観させて頂いて、すごく緻密にお芝居を演出されている印象がありました。なので、脚本を読んだときと、実際に芝居をしたときとでは全然違うものになっていくだろうなと思います。それから、届けたいものや伝えたいこと、自分が脚本を読んで思ったことを、割とストレートに届けられる作品になるんだろうなと。僕自身、すごく考えさせられる物語なんです。今回演じるテレンスは22歳で、ちょっと……(笑)というところもありますが、こんなベテランの方々とご一緒できる機会もなかなかないので、やりたい気持ちがすごく強くありました。

――テレンスは台本上「尋常でないほどハンサム、そしてカリスマ性がある」とされる青年です。

台本を読んだとき、そこに丸、つけました(笑)。テレンス役はいろいろ演じ方があると思っていて、僕は、ある意味二役かなとも思っています。そこは上村さんとも話し合って決めていきたいと思います。僕が何をやっても先輩方が受け止めてくださるだろうなという思いもあるので。

テレンスはすごく頭がよくて、探究心があって、益岡徹さん演じるハロルドとは真逆な人間です。だからこそ、その対立関係がおもしろいなと感じます。若さゆえの言葉の率直さもありますし。頭のいい人っていろいろな言葉を並べるじゃないですか。僕自身はシンプルに伝えたいタイプなんですが、そういう役を演じるからには役のことをもっともっと知りたいですし、今回の稽古中にいろいろな発見があるだろうなと思います。会話を楽しめる芝居かなとも思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル