top_line

昨夏、金足農で沸いた秋田は大混戦? 夏の甲子園・初出場校が現れそうな“旋風地区”はここだ!

野球太郎

特に甲子園未出場の秋田修英によい兆しを感じる。昨秋の秋田県大会を制すると東北大会でも1勝。エースの西岡海斗は170センチながら、140キロのストレートと多彩な変化球を操る「秋田らしい左腕」だ。
 春季大会3位の湯沢翔北も大穴候補。準決勝で能代に敗れたものの、4対5の大接戦だった。

 昭和以来、久々の甲子園を狙う秋田中央や横手も上位をうかがう。明桜、能代、秋田商とも大きな差はなく、県全体から旋風の匂いがプンプンと漂う。

◎新潟では日本文理に多数の伏兵が迫る

 新潟は昨秋、今春ともに日本文理が県大会を制したが、多くの未出場校が猛追をかけている。

 特に春季大会は甲子園未出場組が日本文理を苦しめた。準々決勝では長岡大手が2対3、準決勝では北越が4対5の1点差ゲームを繰り広げた。そのほか、三条、村上桜ヶ丘、新潟産大付、開志学園、加茂暁星なども追走中だ。

 日本文理が甲子園を逃した場合は、初出場校が誕生する可能性は高いだろう。

◎2強の勢いがない静岡も大波乱候補

 近年は常葉大菊川と静岡高が2強を形成してきた静岡勢だが、今年は両校ともにやや勢いがなく、大波乱の匂い。

 昨秋の静岡県大会決勝は甲子園春1回出場の御殿場西と甲子園未出場の清水桜が丘の組み合わせだった。

 最も好調に見えるのは、秋ベスト4、春準優勝の加藤学園。藤原颯二郎、川上智己らを擁する打線は、甲子園でも十分に活躍できるレベルだ。

 その他、140キロ超のストレートを常時出せる栗田和斗を擁する知徳、プロ注の好遊撃手・紅林弘太郎を擁する駿河総合など、初出場を狙う中堅勢にもタレントは多い。勢力図が塗り替わる可能性はある。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

TOPICS

ランキング

ジャンル