top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

キンプリ感激させた松本潤の助言 今夏全国コンサート向けて

女性自身

「僕は、ふだんファンの皆さんに見ていただくことがまずないであろう、“裏”に寄ったものを見てもらおうとしました」

 

そう意気込みを語ったのは、今年CDデビュー20周年を迎える嵐の松本潤(35)。嵐の20年間の軌跡をたどる、初めての展覧会『ARASHI EXHIBITION JOURNEY 嵐を旅する展覧会』が7月1日、東京・ソニーミュージック六本木ミュージアムで開幕した。展覧会は今後、大阪、福岡、宮城と来年まで“旅”していく。来年末で、グループ活動を休止することを発表している彼らだけに、歩んできた軌跡を次世代へつなげる活動も増えてきている。

 

「嵐は9年間務めた『ワクワク学校』を今年限りで退任。昨年はSexy Zone、今年はHey! Say! JUMPが助手として参加しましたが、後輩たちへ優しく“引き継ぎ”する姿勢に責任感を感じました」(音楽関係者)

広告の後にも続きます

 

なかでも松本は展覧会での発言にあったように“裏方業”の意義を後輩に熱く語っているという。

 

「松本さんは嵐のコンサートでは演出や構成を担当しています。リハーサルには自分の代役を立て、全体を見渡して細部まで確認。コンサート全体を仕切っています。いまではジャニーズのコンサートでは欠かせない、客席の頭上を透明なステージが通過するという舞台装置“ムービングステージ”も彼のアイデアから生まれました。松本さんは昨年から後輩たちとご飯に行く回数が多くなりましたね。KAT-TUNの亀梨和也さんやHey! Say! JUMPの山田涼介さん、Sexy Zoneの佐藤勝利さんらを自宅に招き、お気に入りの海外アーティストの音楽や映像を見せて、どの点を見習うべきか教えたこともあったそうです」(別の音楽関係者)

 

そんな彼が特に今、目をかけているのがキンプリことKing&Princeだという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル