top_line

これはダメだ…。脈なしLINEに見られる特徴3つ

愛カツ

出会いを求めていった中、脈なしの相手と知り合うこともあります。

初めは脈なしでも、アプローチ次第によっては、恋に結びつくこともあるのも事実ですが、完全に脈なしの場合もあります。そうだとしたら、これまでかけてきた時間が無駄になってしまいますよね。

完全に脈なしであることをわかる指標があれば、そういう無駄な時間を過ごすことを避けられます。
今回は、なかでも脈なしLINEに見られる特徴を集めてみました。

アプローチを頑張ったほうがいいのか、新たな出会いを見つけたほうがいいのか、参考にしてみてください。

(1) 返事が2日以上たっている

脈ありだから返信が早いとは、一概に言えないでしょう。

しかし、緊急性が高いものほど、LINEの返信は早くなるものです。仕事に置き換えて考えてみると、わかりやすいのではないでしょうか?

特に出会いはじめは、好意のある相手には少しでも早く返事をすると思います。

もし、お目当ての彼からのLINEが2~3日たっても返ってこないなら、それは脈なしの可能性が高いです。

本当に出会いが欲しいのなら、どんなに仕事に追われていても2日以上たつことはないでしょう。

相手の気が変わってしまったのか。それとも、もともと興味がなかったのか。

いずれにせよ、返事を送ってみて、LINEが返ってこないのなら、次の出会いを探したほうが賢明かもしれません。

(2) LINEに愛想がない

リアルでもLINEでも、気になる人にはそれなりにいい印象を持ってもらえるように対応をするものです。

たとえば絵文字、スタンプをつけるとか。リアルでも気になる人と会った際には、笑顔になったり、手を振って出迎えるのでは。

LINEのやり取りだって、それは同じだと思います。興味のない人にはそれなりの適当な対応になるのは、明らかです。

相手の返信に愛想がない、やり取りを続ける意志がない場合、脈なしの可能性が高いです。

少しでも気になる場合は、質問をしてきたり、自分のお気に入りのスタンプを使ったりと、なんらかのアクションがあるはず。

ただし、引っ込み思案であったり、恋愛ベタなタイプの場合もあります。その場合はこちらから話題を振る必要はあるでしょう。

自分から話しかけつつ、仲良くなりたい意識を見せてもなお素っ気ないなら、次の出会いも視野に入れたほうがいいかもしれません。

(3) 社交辞令のやり取りが多い

脈ありと脈なしの境界線には、相手を知ろうとする気持ちがあるかないかが、大きいと思います。

脈ありのLINEには、プライベートに突っ込んだ質問ややり取りも多いはず。それだけ、相手のことが気になるからです。

その点、脈なしのLINEにはそれがありません。やり取りもどこか社交辞令でしょう。

すでに好きな人がいるか、付き合っている人がいるのかもしれません。

好きな人、恋人の有無を確認してみて、もし相手に特定の人がいなければ、アプローチ次第では、気になる存在になりうる可能性はあります。

相手との共通点を探しつつ、お互いの好きなものについて話してみてはどうでしょうか?

やり取りが弾めば、相手の気になる度がアップして、恋に発展する可能性も出てくるかもしれません。

おわりに

完全な脈なしの場合は、次の出会いを求めたほうが、自分のためです。

しかし、脈なしなのか怪しい程度の場合は、アプローチで何とかなる可能性も。

相手の脈あり脈なしを上手に見抜いて、賢く恋愛をしましょう。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング

ジャンル