• 記事
  • 池井戸作品のカギ握る悪役…上川隆也の冷徹...

池井戸作品のカギ握る悪役…上川隆也の冷徹演技に注目集まる

池井戸作品のカギ握る悪役…上川隆也の冷徹演技に注目集まる
7月7日、日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)の第1話が放送された。本ドラマは小説家・池井戸潤氏(56)の最新作が原作。放送後、主人公の君嶋隼人を演じる大泉洋(46)に《心のこもった演技は人の胸を打つね》と絶賛の声

7月7日、日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」(TBS系)の第1話が放送された。本ドラマは小説家・池井戸潤氏(56)の最新作が原作。放送後、主人公の君嶋隼人を演じる大泉洋(46)に《心のこもった演技は人の胸を打つね》と絶賛の声があがった。

 

いっぽうで、主人公と対立する“悪役”の滝川常務を演じた上川隆也(54)にも絶賛の声が寄せられている。

 

《悪役ぶり痺れます》
《役者上川隆也の真髄を見せつけられた気がする》
《上川さんの悪役最高 優しい口調だけど出世のために人を貶める邪悪な上司》

 

池井戸氏の作品は、過去にも日曜劇場で「半沢直樹」(’13年)や「陸王」(’17年)などがドラマ化された。いずれも主人公が組織の中で奮闘し、苦境の中から成功をつかみとる逆転劇が特徴的。この「池井戸作品」に引き込まれるファンは多い。

 

悪役も「池井戸作品」のドラマにとって重要な存在だ。たとえば、「半沢直樹」で悪役を演じた香川照之(53)は強烈なインパクトを残した。さまざまな顔芸や悪態をつき、最後には土下座で主人公に屈した。このように悪役はインパクトが強いほど、主人公が成功した時の反響も大きい。

 

本ドラマで上川が演じる滝川常務は、皮肉を利かせて鼻先で相手をせせら笑うような冷徹上司。そんな上川は先月まで「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)で、スマートな“善人”の執事を演じたばかりだ。

 

それだけに上川のギャップに驚きの声があがった。

 

《西園寺と滝川常務 同じ人が演じてるとは思えない》
《“奥様の仰せのままに”の執事の時には感じられなかった色っぽさが炸裂》
《滑舌の良い上川さんがわざと口をあまり開けずに喋ることで嫌な感じを強調してる》

 

ドラマはスタートを切ったばかりだが、《上川さんの演技で大泉さんもより輝く、そう思いました》《もっともっと悪くなってほしい》と重要な役どころを担う上川に期待の声も。上川の悪役ぶりが、今後のドラマの行方を左右しそうだ。

更新日:2019年7月9日
提供元:女性自身

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME