哀川翔を俳優デビューさせたのは長渕剛だった

哀川翔を俳優デビューさせたのは長渕剛だった
  長渕剛と哀川翔が、7月5日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に出演した。  番組で2人は、共演したドラマ『とんぼ』(1988年・TBS系)の同窓会を企画。長渕が演じるヤクザの舎弟役で出演していた哀川が、「お久...

 

 長渕剛と哀川翔が、7月5日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)に出演した。

 

 番組で2人は、共演したドラマ『とんぼ』(1988年・TBS系)の同窓会を企画。長渕が演じるヤクザの舎弟役で出演していた哀川が、「お久しぶりです。ご無沙汰してます」と頭を下げて登場する。

 

 

「やっぱり存在感あるな」と声をかける長渕。久しぶりの再会に緊張した面持ちの哀川は、「いやあそんなことないです。とんでもないですよ」と恐縮。

 

 これに安住紳一郎が「あれ? いつもと違いませんか?」と突っ込むと、「当たり前じゃないですか」と返す。

 

 27歳で出演した『とんぼ』が俳優デビューだったという哀川。じつは彼をキャスティングしたの長渕だったという。長渕がこう語る。

 

「企画が決まったとき、相手役を探していた。たまたま僕はライブツアーをやっていて、日本武道館で彼(哀川)がひょこっと楽屋にサングラスして『どうも』って現れた。

 

 そのときになんとなくピーンときて、『おい、ちょっとサングラス取ってみてくれよ』と言った。その瞬間『あ、常(役名)だ』と」

 

 これに「緊張して最初は楽屋に入れなかったです」と当時を振り返る哀川。「『とんぼ』という作品に長渕さんが呼んでくれてなければ(今の自分は)多分ない」と発言すると、長渕は「絶対だろ」と豪快に笑っていた。

 

 ちなみに哀川は、2016年12月1日に放送された『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、「初日は緊張しすぎて、朝まで酒飲んでベロベロで収録に臨んだ」と明かしている。

 

 そんな哀川を救ってくれたのも長渕で、哀川がセリフ覚えに苦労していると、「覚えるんじゃなくてここなんだよ」と胸を叩いてみせたという。

 

 最近では俳優業のみならず、バラエティ番組でも活躍する哀川。いまだに長渕に緊張してしまうのは、それだけ恩を感じているからこそだろう。

更新日:2019年7月11日
提供元:SmartFLASH

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME