【共感】「漫画家がファンレターをもらったちょっぴり残念だったこと」が話題

【共感】「漫画家がファンレターをもらったちょっぴり残念だったこと」が話題
あなたはアイドルや漫画家の生成にファンレターを書いたことがあるだろうか? SNSが普及し人によっては直接メッセ […]

あなたはアイドルや漫画家の生成にファンレターを書いたことがあるだろうか? SNSが普及し人によっては直接メッセージを届けられる環境になったが、便箋に想いの丈を込め、切手を貼ってポストに投函されたファンレターは、それだけで……尊い。

つまり、ファンレターは基本的にそれ自体が嬉しい存在のハズだが、中にはもらってちょっぴり残念になるものもあるという。いま、Twitter上でそのファンレターに関する漫画が話題になっているのでお伝えしよう。

・ガチの漫画家

話題の作品を公開したのは、漫画家の上野祥吾(@UPPERNOON)先生だ。過去にはジャンプSQにて「長谷部さんのいる野球部」を連載、そしてジャンプ+にて「シンマイ新田イズム」の原作を担当していた、ガチの漫画家の先生である。

2019年7月7日、その上野先生が公開したのが話題の「ファンレターにまつわる漫画」だ。先生は「普通にビックリしています。よくあることなのでしょうか?」というつぶやきと共にこの作品を投稿している。

ある日、ジャンプSQ編集部から送られてきた1通の封筒。そう、これこそが上野先生宛のファンレターをまとめたものであった。その内容の1つ1つは上野先生にとって嬉しいもののようだが……。果たして上野先生がちょっぴり残念に思ったこととは何だったのか? 詳細はご自身の目でご確認いただきたい。

・別の反響

なお、上野先生は「編集部側のことを悪く言う意図は僕にはありませんし、何かしら事情があったのかもしれません。当時の状況が分からない以上、編集部側の怠慢と決めつける事もできません」と話してくれた。この作品も「こんなことがあったんです」くらいの気持ちで描いたとのことである。

余談だが、漫画の中で明かされている「ファンレター1つ1つに返事を書く上野先生」は別の意味でも反響を呼んでいることを記述しておく。憧れの人にファンレターを書いて、その返事が来たとしたら……! きっとかけがえのない宝物になっているハズだ。

参照元:Twitter@UPPERNOON長谷部さんのいる野球部 シンマイ新田イズム
イラスト:上野祥吾 , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン

更新日:2019年7月9日
提供元:ロケットニュース24

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME