top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大森南朋、兄弟ゲンカで極真空手を繰り出す兄と不仲が続く

SmartFLASH

 

 俳優の大森南朋が、7月2日放送の『川柳居酒屋なつみ』(テレビ朝日系)に出演した。

 

 番組で、映画監督である大森立嗣との兄弟仲について聞かれた大森は、「いまは仲いいんですよ」と回答。しかし、「小学校から、兄貴が大学に行って、僕が25~26ぐらいまでずっと仲が悪くて」と告白する。

 

広告の後にも続きます

 

 高校生になり、極真空手を始めたという兄。年子のため、「『絶対に弟に負けたくない』という頑なな意思が毎日ビンビン伝わってきた」と振り返る。兄は道場で受けた稽古を、弟である大森にやたらとつけたがったらしいのだが、兄弟ゲンカでもその技術を駆使してきたという。

 

「兄弟ゲンカが始まると、とにかく極真の構えでくるんです。俺の拙いパンチとかは全部かわされて。一発でも(兄の)肩にかすろうもんなら、馬乗りになってボコボコにされるみたいな日々」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル