“ぶっ飛んだ”提案に窪田正孝も困惑。武田真治「玉城ティナさんの魂宿った俺と会う?」

“ぶっ飛んだ”提案に窪田正孝も困惑。武田真治「玉城ティナさんの魂宿った俺と会う?」
本日7月5日(金)に全国公開された、映画『Diner ダイナー』の初日舞台挨拶が、丸の内ピカデリーで行われ、主演の藤原竜也をはじめ、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛二、蜷川実花監督が登壇した。 […]

本日7月5日(金)に全国公開された、映画『Diner ダイナー』の初日舞台挨拶が、丸の内ピカデリーで行われ、主演の藤原竜也をはじめ、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛二、蜷川実花監督が登壇した。

映画『Diner ダイナー』玉城ティナ、蜷川実花監督作の新ミューズとしての覚悟

「この濃いメンバーで、ようやく初日を迎えられて嬉しいです。」と満面の笑みで喜びを語った藤原は、撮影を振り返って「割と順調に撮影していたのですが、12時間くらいずっと雨に打たれていたシーンがあって。それはすごく大変でした。途中、真矢さん入ってこられて、演技されると周囲から拍手が沸き起こるんですよね。ちょっと、待てーい、と。僕、朝から12時間やってて、拍手の一つもなかったんですよ(笑)」と語ると、蜷川は「アクションも素晴らしいので、竜也はできて当たり前って思われちゃうんですよね。それはつらいところですよね」と労いの言葉をかけた。

また、「初日を迎えられて、ホッとした気持ちで胸がいっぱい」と安堵の表情を見せた玉城は、ヒロイン役を演じるにあたり、不安もあったようで「なんで私をカナコに当てはめたのかなっていう疑問と、撮影に入る前まで監督も不安だったんじゃないかなって」と当時の気持ちを吐露。それを聞いていた蜷川は「むしろ期待しかなかったので、そのプレッシャーは多少なりとも感じさせてしまったかもしれない。絶対大丈夫っていう気持ちしかなかった。」と答えると、嬉しそうに「私も蜷川さんをずっと信じてついてきたので、そんな言葉が聞けて嬉しいです」と玉城も笑顔を見せた。

さらに、話は個性豊かなキャラクターの話に。本郷は「窪田さんが演じたスキンのビジュアルがすごくかっこいい。本編には描かれていないけれど、過去にいろいろなことがあって、傷だらけになっていると思うんですけど、耳がちぎれているのは、どういう設定なのかなって。僕の予想は、スキンは多分大きいピアスをしていて。セーターを着る時に、引っかかっちゃったのかなって」と、疑問をぶつけると、蜷川は「ノリで決めました」とまさかの回答。本郷が「え! じゃあ…設定はないってことですか?」と残念そうにしているのと、蜷川は「セーターです! まさか当てられるとは」、窪田も「正解ですよ!」とフォロー。会場は笑いに包まれた。

続けて、人生初のリーゼントで役作りをしたという奥田は、「実は僕は真矢さんに思いっきり蹴飛ばされてるんです(笑)。テストから10回くらいはやったんですけど、本番でババーンって! 2テイク目がもう怖くて…まだ痛いんですよね(笑)」と暴露。真矢が「本当にすいませんでした。一生保障させていただきます(笑)」と謝る一幕もあった。

ここで、七夕が近いということで、“ぶっ飛んだ願いごと”を書いた短冊をそれぞれ披露することに。藤原が【『ダイナー2』オールメキシコロケ】という短冊を掲げると、蜷川は「実は私しかメキシコ行ってないんです。セットで…」と申し訳なさそうにコメント。続けて、玉城は【変身したい】という短冊を披露し、「一人で海外旅行とかするんですけど、女の子一人だと危ないって言われたりするんです。その時に、体格のいい男の人に変身できたらなって」と、その理由を明かした。すると、武田が「玉城さんの魂が僕の身体に宿るってことですか?」と割って入り、「玉城さんの魂宿った俺。その時、会ってやろうか?」と窪田にぶっ飛んだ提案で迫るも、 窪田に「いや、いいです……(笑)」と一蹴されていた。

一方本郷は【食事をしなくても死なない身体になれますように】と書かれた短冊を披露。「“ぶっ飛んだ願いごと”をって言われたので、最初は人を殺しても……みたいなことを書いてたんですけど、何人かの大人たちに、それはちょっとコンプラ的に…って止められて(笑)。実に本郷奏多らしい無難な願いごとにしました」と語り、笑いを誘った。

最後に藤原が挨拶しようとすると、「撮影中もみなさんのことを隠し撮りしていていたので、後ほどSNSに挙げていきます」と宣言していた武田がスマホを取り出し記念撮影。藤原は「いつも撮ってるんですよ~」と照れながらも、「本作を一人でも多くの方に観ていただきたいなと思ってます。今日、初日なので、ここから僕らも宣伝していきたいと思います」と意気込みを語って、イベントは幕を閉じた。

【STORY】
ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

作品情報

映画『Diner ダイナー』
7月5日(金) 全国ロードショー

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
出演:藤原竜也 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ 小栗 旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会

オフィシャルサイトdiner-movie.jp

『DINER ダイナー』コミック

“ぶっ飛んだ”提案に窪田正孝も困惑。武田真治「玉城ティナさんの魂宿った俺と会う?」は、【es】エンタメステーションへ。

更新日:2019年7月5日
提供元:エンタメステーション

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME