茂みに捨てられていた人間の赤ちゃんを助けが来るまで守り抜いた4匹の野良犬(インド)

茂みに捨てられていた人間の赤ちゃんを助けが来るまで守り抜いた4匹の野良犬(インド)
Osobystist/iStock犬は人間の最高の友であると同時に、無償の愛で困っている者を救おうとするスーパーヒーロー的存在でもある。2016年、インドで起...
iStock-953004464_e
Osobystist/iStock

 犬は人間の最高の友であると同時に、無償の愛で困っている者を救おうとするスーパーヒーロー的存在でもある。

 2016年、インドで起きたこの出来事も、犬が起こした奇跡の物語だ。

 茂みの中で、生後間もない女児が捨てられるという悲しい事件が起こった。しかし、その側を片時も離れず、救助が来るまでの間女児をあらゆる危険から守り抜いたのは、4匹の野良犬だったのだ。

 野良犬たちのおかげで、女児は無事に保護された。女児に気付き救助した地元の人たちは、「犬は人間の真の友である」とその忠実な姿に感動したという。

捨てられていた女児を守るように集まっていた4匹の野良犬


 事の起こりは2016年の11月。ある土曜の朝、ひとりの男性教師が学校へ向かおうといつものように近道になる茂みの中を歩いていた。

 その時、どこからか泣き声が聞こえた。男性が、声のする方へ近寄ると4匹の犬が集まっているのを発見した。

 男性が更に近付き茂みの中を除くと、そこには薄いピンクの服に包まれた生後間もない赤ちゃんがいたのである。


野良犬たちは赤ちゃんを危険から守っていた


 男性の姿を見た犬たちは一斉に吠えた。と同時に何かを訴えたいようなしぐさを見せた。

 男性によると、4匹の犬は赤ちゃんの側に座りながらも、どうしていいかわからない様子だったが、カラスが赤ちゃんに近付くと追い払うなどして赤ちゃんを危険から守っているように見えたという。


 女児が遺棄されているという事態に気付いた男性は、すぐに近所の人を集め、赤ちゃんの救助にあたった。住民の1人が女児を腕に抱えミルクを与えると、女児は泣き止んだ。

 警察が到着するまでの間、男性は女児を自宅へと連れ帰った。その時にも、4匹の犬は住民らの後をついて来たという。

 犬たちは、まるで赤ちゃんの無事を最後まで見届けようとする守護神のようだったそうだ。


犬が守ってくれたおかげで救われた女児の命


 警察から病院へと搬送された女児は、黄疸の症状が少し出ていた以外は、健康状態は良く、体重2800グラムで生後およそ7日~10日であることがわかった。

 女児はしばらく新生児室で治療を受けたが、その後は州が運営するベッド・バッドにある養子施設へ引き取られて行った。



 4匹の犬が側にいなければ、おそらく女児は生き延びなかったかもしれない。女児の名前は、土曜日に発見されたということもあり、ヒンディー語で「土曜」を意味するShanivaar(シャニワール)から取って、Sania(シャニア)と名付けられたそうだ。

「犬たちがあの場で赤ちゃんを守っていなければ、赤ちゃんはきっと助かっていなかったでしょう。私たちはみな、犬に感謝しています」と男性は話している。

References:Indiatimesなど / written by Scarlet / edited by parumo
更新日:2019年7月8日
提供元:カラパイア

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(ペット)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME