孤独で妖艶な人妻に誘惑される美少年の行く末は…? 映画『ブレス あの波の向こうへ』本編&エリザベス・デビッキのインタビュー映像解禁

孤独で妖艶な人妻に誘惑される美少年の行く末は…? 映画『ブレス あの波の向こうへ』本編&エリザベス・デビッキのインタビュー映像解禁
7月27日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開される、映画『ブレス あの波の向こうへ』の本編映像と、エリザベス・デビッキのインタビュー映像解禁が解禁となった。 本作は、日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄 […]

7月27日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開される、映画『ブレス あの波の向こうへ』の本編映像と、エリザベス・デビッキのインタビュー映像解禁が解禁となった。

本作は、日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説『ブレス:呼吸』を原作とするカミング・オブ・エイジ・ムービー。内向的な少年がサーフィンをきっかけに自分がどんな人間なのか気づき、自分の居場所を見つめ直していく様が描かれている。
※カミング・オブ・エイジ・ムービーとは、ティーンエイジャーが大人への階段をひとつ登る姿を描いた物語。

解禁となった本編映像は、イーヴァ(エリザベス・デビッキ)が雨に濡れた少年パイクレット(サムソン・コールター)を家に引き入れ、服を脱がすシーンから始まる。彼女は半裸の少年の胸に手を置くと、レコードをかけ、寝室へ向かう。部屋中に鳴り響くのは、フリートウッド・マックの「ザ・チェイン」。そのリズミカルなドラム音と、少年の胸の高鳴りが重なり、新たなる刺激的な道へ踏み入れていく緊張感がより一層際立つシーンになっている。

そんなイーヴァを務めたのは、恵まれたルックスと身長190センチという並外れたスタイルを持ち、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)などの話題作に出演しているデビッキ。本作で彼女は、当時の女性ミュージシャンをイメージし、腰まで伸びるウェーブがかった輝かしい金髪姿を披露。Tシャツにジーンズいうラフな格好ながらも、長い手足に透き通る白い肌が目を引く、うつろげな表情が魅惑的な人妻を演じている。

さらに、同時に解禁されたインタビュー映像でデビッキは、「大きな苦悩と不満を抱え、もがく姿は、自身の経験にも通じる点が多くあった」とその役柄の魅力を語った。さらに、夫がいる身でありながら、まだ幼さの残る少年との関係を持つイーヴァについて、「女性解放運動が盛んになった当時の時代背景を、彼女も強く体現している。独自の生き方を貫く、ルールに縛られない反逆児だ」と述べている。

【STORY】
オーストラリア西南部の小さな街。内向的な少年パイクレットは、好奇心旺盛な友人ルーニーの無鉄砲な行動に影響を受けながら、彼の後を追うように日々過ごしていた。ある日彼らは、不思議な魅力を持つ男性サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらうことになる。暇を見つけてはサンドーと妻イーヴァが暮らす家に通い出す2人。彼らにとって、大人の女性イーヴァの謎めいた存在感も刺激となっていた。サンドーはいつしか彼らを命をも脅かす危険な波へと挑ませ、恐いもの知らずのルーニーはスリルを楽しむように果敢に挑戦するがパイクレットは…。

作品情報

『ブレス あの波の向こうへ』
7月27日(土)より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開

原作:「ブレス: 呼吸」ティム・ウィントン(佐和田敬司訳/現代企画室刊)
監督:サイモン・ベイカー
脚本:ジェラルド・リー、サイモン・ベイカー、ティム・ウィントン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影:マーデン・ディーン
出演:サイモン・ベイカー、エリザベス・デビッキ、サムソン・コールター、ベン・スペンス、リチャード・ロクスバーグ
2017年/オーストラリア/115分/原題:Breath/カラー/5.1ch/ビスタ/日本語字幕:小路真由子
配給:アンプラグド
後援:オーストラリア大使館

© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

『ブレス あの波の向こうへ』オフィシャルサイト
http://breath-movie.com/

孤独で妖艶な人妻に誘惑される美少年の行く末は…? 映画『ブレス あの波の向こうへ』本編&エリザベス・デビッキのインタビュー映像解禁は、【es】エンタメステーションへ。

更新日:2019年7月4日
提供元:エンタメステーション

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME