top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

闇営業で芸人が六本木NGになって「街の様子が違う」とさんま

SmartFLASH

 一人暮らしの長いさんまは「家庭の味を味わいたいとか、人の家の風呂に入りたいとかあるんですよ。いつもの自分の家じゃない風呂って、ワクワクする」と笑っていた。

 

 その話に村上ショージは「迷惑やわ。どっかの温泉地に行けって話やわ」とツッコんでいた。

 

 また、吉本興行は若手芸人に六本木、西麻布に行かないように通達したという。さんまはその理由を「甘い誘いがあったりすると、また吉本がイメージダウンするんで。行かないようにって」と説明。

広告の後にも続きます

 

 だが、「さんまさんはけっこうですので」と会社から許しをもらったという。さんまは「芸能界の人もあんまり飲みに出かけてないから。六本木の街の様子が、全然違うんですよ」と、芸人が行かないことで歓楽街の雰囲気が変わってしまったことを嘆いた。

 

 その話に村上も「六本木の火が消えてしまうわな」と同意していた。

 

 契約を解消されたカラテカ・入江慎也については「俺は入江にすごい世話になってるんで、入江がもし『さんまさん、お願いします』って言ってきたら絶対行ってた」と告白。

 

 さんまが大好きな「ジョーダン×パリ・サンジェルマン」のトレーナーなどを手を尽くして手に入れてくれた入江に、「『この男が頭を下げたら断れないでしょう』っていう美学を持って生きていきたい」と持論を語っていた。

 

 大きな騒動となった「闇営業問題」。さんまもその余波に驚きを隠せない様子だった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル