top_line

小説家と殺し屋の追いかけっこを捉えた映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』場面写真が解禁

エンタメステーション

8月30日(金)より公開される、映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』の場面写真が解禁となった。

本作は、小説家志望の青年と落ちぶれた殺し屋の“人生を懸けた一週間”を巡る追走劇。小説家を目指すも全く芽が出ず、自殺を試みても失敗続きの青年ウィリアムは、ある日、引退に追い込まれていた殺し屋のレスリーと出会う。“死にたい小説家”ウィリアムは、“クビ寸前の殺し屋”レスリーに一週間以内に殺してもらう契約を結ぶが、そんな彼の前になんとキュートな彼女が。ワケあり二人の“Wシチュエーション痛快エンターテインメント”が幕を開ける。

今回解禁となった場面写真は、そんな死にたい小説家とクビ寸前の殺し屋による痛快な追いかけっこの様子や、二人を支えるヒロインの姿を捉えたもの。逃げる途中であろうウィリアムとエリーが、バイクにまたがり不安そうな目で何かを見つめる姿や、二人を逃がすまいと銃を構える凛々しいレスリー。さらには、遠くを見つめるレスリーとごみ箱から見える誰かの足など、気になる場面を捉えた写真が満載だ。

また、殺し屋として幾度となく任務を遂行してきたレスリーだが、そんな殺し屋にも愛する妻が。包丁を手にするレスリーを優しい笑顔で見つめる、ペニーの“殺し屋の妻”ならではの堂々とした姿もぜひチェックしてほしい。

場面写真

【STORY】
小説家志望の青年ウィリアムは、真っ暗な橋の上で人生に別れを告げ、落ちる覚悟を決めた。その瞬間、年老いた男が声をかける。自分が必要になった時連絡するようにと名刺を差し出された。ウィリアムは仕方なく受け取ったが、その助けは要らないと橋から落ちていった。一方レスリーは、英国暗殺者組合の会員として誇らしいキャリアを持っているが、今や暗殺件数のノルマを達成できずクビ寸前。自殺スポットに出向いては自殺志願者と契約し、引退を先延ばしにする日々を送っている。翌日、運悪く生き延びてしまい絶望するウィリアムは、昨晩受け取った名刺を思い出す。名刺に書かれた番号へ電話し、契約を交わす。その内容は「ターゲットを一週間以内に殺すことができなければ返金する」というものだった。ウィリアムは自らをターゲットに設定し、レスリーに暗殺の依頼をしたのだった。契約成立後、ウィリアムは出版社のエリーから電話を受ける。なんと、自分の書いた小説を出版したいというのだ。ウィリアムとエリーは出版に向けて話合うが、二人は急速に惹かれあい、ウィリアムに生きる希望が湧いてしまう…「やっぱり契約破棄していいですか!?」―ウィリアムとレスリーの人生を懸けた一週間が、今始まる!

作品情報

『やっぱり契約破棄していいですか!?』
8月30日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー

監督・脚本:トム・エドモンズ ※長編初監督
編集:タリク・アンウォー
出演:トム・ウィルキンソン、アナイリン・バーナード、フレイア・メイヴァー、マリオン・ベイリー
2018年/イギリス/カラー/デジタル/英語/90分/ビスタ/原題:DEAD IN A WEEK(OR YOUR MONEY BACK)/日本語字幕:種市譲二/G
配給:ショウゲート
宣伝:スキップ

©2018 GUILD OF ASSASSINS LTD

オフィシャルサイト
http://yappari-movie.jp/

小説家と殺し屋の追いかけっこを捉えた映画『やっぱり契約破棄していいですか!?』場面写真が解禁は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル