top_line

嵐・櫻井翔、ジャニーズ引退を直談判

JOOKEY

一般人でも、希望した会社に入ってはみたものの「何か違う」「転職したい」と思うことがあるように、ジャニーズタレントでも、なにかしらの理由で「ジャニーズを辞めたい」と思うことがあるようです。今回は、実際に「ジャニーズを辞めたいと思っていた」と告白したジャニーズタレントをピックアップします。

 

■質問内容

「ジャニーズを辞めたい」と言っていたと聞いて驚くジャニーズタレントはどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:長瀬智也(TOKIO) 53.0%
2位:櫻井翔(嵐) 40.0%
3位:亀梨和也(KAT-TUN) 26.0%
4位:平野紫耀(King & Prince) 23.0%
5位:二宮和也(嵐) 17.0%
6位:大野智(嵐) 16.0%
7位:桐山照史(ジャニーズWEST) 12.0%
8位:高木雄也(Hey! Say! JUMP) 6.0%
9位:中間淳太(ジャニーズWEST) 5.0%

 

●実は何度も辞めようと…長瀬智也

10代半ばでTOKIOのボーカルとしてデビューし、その後は俳優としても活躍するなど順調にジャニーズタレントとしての道を歩んできたように思える長瀬智也さんですが、バラエティ番組に出演した際、ジャニーズを辞めたいと思ったことは何度もある、と告白しています。「自分みたいなやつがやっていけないと思っていた」という長瀬さん。確かに、ザ・アイドル、という王道なジャニーズとあ違うタイプですが、他の人とは被らない独特なキャラでジャニーズとしてもトップクラスの売れっ子に上り詰めました。バンドという異色のジャニーズグループで成功したのも、長瀬さんの存在があったからこそでしょう。

 

●デビュー前に「嵐を辞めたい」…櫻井翔

嵐は、実は5人中3人がデビュー前にジャニーズを辞めたがっていたというのは有名な話。その中のひとりが櫻井翔さんです。櫻井さんはJr時代からも人気がありましたが、本人は高校卒業と当時にジャニーズを辞めるつもりだったそう。ところが、まさかの「嵐」としてデビューするグループの一員に選ばれてしまい、同じくジャニーズを辞めるつもりだった二宮和也さんと一緒に社長のジャニー喜多川氏の自宅までその意思を伝えに行ったのだとか。しかし、ジャニー喜多川氏は不在。そのままデビューすることになったという経緯を告白しています。

 

●ジャニー喜多川氏に反対された…亀梨和也

KAT-TUNの亀梨和也さんも、ジャニーズ退所を決意したことがあるひとり。亀梨さんも、受験の時期に入り「普通の大学生になろう」と考え、ジャニーズを辞めることを決意し、事務所に退所の意志まで伝えていたそうです。しかし、それを知ったジャニー喜多川氏に「YOU、何言ってんの」と一蹴されたそう。そこでジャニー喜多川氏に説得され、芸能界で生きることを決めたと言います。ジャニーさんは、その時点ですでに亀梨さんの実力に気づいていたんでしょう。

 

■アイドルにだって迷いはある

一般人から見れば、ジャニーズタレントなんて憧れの存在。女の子たちにキャーキャー言われて、TVにも出れて、うらやましい…なんてつい思ってしまいますが、彼らにだって当然迷いはあるのでしょう。迷いを断ち切って、振り切って活動してきたからこそ今があるのですね。

 

HORANE調べ
2019年5月
調査対象:10~40代の男女

 

TOPICS

ランキング

ジャンル