top_line

チェルシーの27歳MFはサッリを追ってユベントスへ?代理人は否定せず

フットボールチャンネル

 イングランド・プレミアリーグのチェルシーに所属するイタリア代表MFジョルジーニョはイタリア・セリエAのユベントスへの移籍が噂される。同選手の代理人は移籍を否定しなかったようだ。スペイン『アス』などが現地時間の20日に報じた。

 イタリアのエラス・ヴェローナFCの下部組織出身のジョルジーニョは2010年にトップチームに昇格。その後、ACサンボニファチェーゼへの期限付き移籍を経て、2014年にナポリへ完全移籍となった。また、2018年にナポリ時代の恩師であるマウリツィオ・サッリ監督(現ユベントス)率いるチェルシーへ移籍を果たした。

 今期のジョルジーニョは公式戦54試合に出場し、2得点を記録。チェルシーとは2023年まで契約を残している。そんな同選手は恩師サッリを追ってユベントスに移籍するのではないかという憶測がされている。

 伊メディア『トゥット・メルカート・ウェブ』によると、ジョルジーニョの代理人を務めるジョアン・サントス氏が「彼はここで素晴らしい環境を見つけた。我々は彼がどこに行きたいか言うことはできない。でも、移籍市場ではどんなことでも起こり得る。我々は待っているよ」と話した。

 果たして、ジョルジーニョはサッリ監督を追ってユベントスに移籍することになるのだろうか。

ランキング

ジャンル