top_line

国蝶「オオムラサキ」の羽化始まる 環境保全活動を行う住友ゴム工業の兵庫・市島工場で

もっとエンタメ

 

 住友ゴム工業(神戸市)は、兵庫県丹波市の市島工場の敷地で国蝶「オオムラサキ」の羽化が始まった、と6月17日に発表した。

 市島工場は敷地の約7割が緑地で、絶滅危惧種に指定されている日本固有の淡水魚「ホトケドジョウ」を育成するなど、さまざまな環境保全活動を行っている。

 オオムラサキの育成は2007年に幼虫の餌になるエノキの木を育てることから始めた。木が1メートル程度に育った11年から幼虫をケージに放ち、羽化に成功した。育成は、川西市環境審議会専門委員で兵庫丹波オオムラサキの会会長である足立隆昭氏がアドバイザーとして参画している。

 オオムラサキは現在、準絶滅危惧種に指定され、自然環境を測定する目安になる指標昆虫の一つにもなっている。

 

ランキング

ジャンル