レアル移籍発表「久保建英」活躍するほど東京五輪が遠ざかる

レアル移籍発表「久保建英」活躍するほど東京五輪が遠ざかる
 
 6月14日、サッカー日本代表の久保建英選手が、来季からスペインの名門レアル・マドリードに移籍することが発表された。スペイン紙『MARCA』によると、2025年6月30日までの5年契約で、年俸は100万ユーロ(...

レアル・マドリード公式サイトより

 

 6月14日、サッカー日本代表の久保建英選手が、来季からスペインの名門レアル・マドリードに移籍することが発表された。スペイン紙『MARCA』によると、2025年6月30日までの5年契約で、年俸は100万ユーロ(約1億3000万円)、移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)と見られている。

 

 久保はレアルのライバル、バルセロナの育成組織出身で、2015年に帰国してJ1のFC東京に所属。日本代表としては、6月9日のエルサルバドル戦に、史上2番目の若さでデビューした。サッカー専門メディア『GOAL』では、「世界で最も優れた若手選手50人」のランキングで世界49位を獲得している。

 

 

 久保のレアル移籍には前向きの評価も多いが、気になるのは東京五輪に出場できるのかどうかだ。

 

 五輪はW杯と違って、日本サッカー協会に拘束権がない。過去には、2016年リオ五輪で、協会が久保裕也(現ニュルンベルク)の招集を求めるも、当時の所属クラブ(ヤングボーイズ)が派遣を拒否して出場できないこともあった。

 

 サッカージャーナリストの六川亨氏はこう分析する。

 

「久保が来年、仮にレアルのAチームに行った場合、レアルは絶対に久保を五輪に出させないでしょう。ただ、下部のBチームにレンタルして、まだ活躍できていないのであれば、出場を許す可能性もあると思います。久保にとって経験を積むいい機会になりますから。そうした五輪出場に関する契約が、レアルとの間で取り交わされている可能性もあります。

 

 いまの久保は、どんどん場数を踏みたいところ。コパ・アメリカには代表として招集されましたが、一番出たがっていたのは、ポーランドで開催中のU-20W杯という話もありました。U-20W杯なら出場機会が多くなり、もしここで大きく活躍できれば、久保の株は大きく上がったはずです。

 

 五輪は23歳以下しか出られないわけですから、久保としてもぜひ出たいでしょう。ですが、今後、久保が実力をつけて活躍すればするほど、五輪出場からは遠ざかっていくという、なんとも悩ましい事態になります」
 

 選手を保有するチーム側と、代表として招集したい協会側とで、トラブルが起きることもある。

 

「今年2月、ブレーメンが大迫勇也選手の南米選手権出場を拒否しました。

 

 これは、1月の日本代表戦にフル出場したことで、痛めていた右臀部の症状が悪化し、戻ってきたときにプレーできなくなったから。ブレーメンは、無理やり出場させたのではないかと疑っており、ケガさせるとは何事かと怒り心頭でした。

 

 こんなケースもあるので、久保の五輪出場も、すんなりとはいかないのでは」(六川氏)

 
 東京五輪でも、久保の勇姿を見たい人は多いだろう。はたして、久保は五輪のピッチに立てるのか。

更新日:2019年6月18日
提供元:SmartFLASH

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME