top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ミッチー、さんま…芸能界離婚に見る「離婚後のよい関係」

女性自身

一度、離婚したらそれっきり。二度と顔も見たくない――。

 

「亭主元気で、留守がいい」なんて言葉が幅を利かせた昭和の時代には、離婚は夫婦にとって「今生の別れ」とも言えるものだった。

 

ところが平成に入ると、離婚件数はうなぎのぼりに増加。離婚はそれまでの「人生の一大事」から「まあ、よくあること」に。そして、それにともない、離婚後の夫婦の距離感も、徐々に近づいてきた感すらある。

広告の後にも続きます

 

実際、テレビのバラエティ番組では、フラットな距離感で共演する元夫婦タレントが、違和感なくお茶の間に受け入れられているし、一般人でも、それぞれのSNSで離婚を報告しながら、その後もあっけらかんとツーショットをアップするケースも増えている。

 

「相手のことを嫌いになったり、ほかに好きな人ができたりしたわけではなくとも、お互いの仕事や立場を尊重した結果として離婚を選択するケースは、芸能人夫婦にはよくあります」

 

こう語るのは、みずからも4度の離婚を経験している芸能評論家の城下尊之さんだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル