top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ローズライフコーディネーターに聞いた!バラを贈るときの3つのポイント

まちポ

ローズライフコーディネーターに聞いた!バラを贈るときの3つのポイント(C)まちポ “女性への贈り物”というイメージがあるバラですが、相手に喜んでもらうためには、ベストなタイミングを選びたいもの。

※写真はイメージ(PIXTA)

“女性への贈り物”というイメージがあるバラですが、相手に喜んでもらうためには、ベストなタイミングを選びたいもの。物語などでは、“プロポーズにバラの花”というシーンを見かけることもありますが、実際にどんなときにプレゼントされると嬉しいものでしょうか?

アンケートサイト『みんなの声』では今回、バラをプレゼントされたいシチュエーションについてアンケート調査を実施。さらに、バラのある生活を楽しむ「ローズライフ」を提案している、日本ローズライフコーディネーター協会代表の元木はるみさんに、バラをプレゼントするときのポイントについてお話を伺いました。

バラをプレゼントされたら嬉しいシチュエーションとは?

※写真はイメージ(PIXTA)

アンケート結果を見ると、ほぼ半数の人が【誕生日などの記念日に、プレゼントと一緒に手渡されたい】と回答しました。ただ、年齢別の結果を見てみると、10代と30代では【プロポーズのときに指輪と一緒に】が、【誕生日などの記念日に、プレゼントと一緒に手渡されたい】と同率1位という結果になっています。

やはり、みなさんここぞという場面で、バラを贈られたいようですね。特に、プロポーズするなら、バラを贈ってムードを盛り上げれば、成功の確率もアップする……かも!?

広告の後にも続きます

とはいえ、一口にバラといっても、その色や種類はさまざま。いざお店に行ったときに、どれを買えばいいか迷ってしまうかもしれません……。

贈り物のバラは、本数、名前、色合いがポイント!

※写真はイメージ(PIXTA)

プレゼントとしてのバラには、どんなものを選んだらよいのか? 元木はるみさんによると、メッセージ性を重視するのであれば、特にバラの本数にはこだわった方がよいとのことでした。

「相手に12本のバラを贈ることは、プロポーズを表すといわれています。これは、男性が『愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実の12の意味の言葉を貴方(女性)に捧げます』という想いを込めてバラを贈る、ヨーロッパの風習が伝わったもの。さらに、1本ですと一目ぼれ。9本や101本ですと、2人の愛は永遠であるという意味をもつことになります」

さらに、バラの種類を選ぶときには、その名前や色合いもポイントになるそうです。

「例えば、『のぞみ』や『香澄』というように、贈る相手と同じ名前のバラを用意するのも良いと思います。とはいえ、同じ名前のバラがあるのは、かなりのレアケースだと思うので、『恋心』や『感謝』といったメッセージ性のある名前をもつバラを探してみるのはどうでしょうか。また、バラというと情熱の赤というイメージがありますが、優しい雰囲気の女性に贈るのであれば、ピンクやアプリコットカラーといった淡い色合いのバラを、『あなたのことをイメージして選んでみたよ』と贈るのも良いかと思います」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル