top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ブラマヨ吉田敬「僕が芸人を目指すきっかけは黒歴史すぎて…」

SmartFLASH

 

「ブラックマヨネーズ」は、ボケ担当の吉田敬(45)とツッコミ担当の小杉竜一(45)からなる、結成21年目のお笑いコンビ。

 

 2005年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で優勝したことをきっかけに全国に知られる存在となった。今回は、女の子にモテなかったという吉田に、芸人になる前の話を聞いた。

 

広告の後にも続きます

――学生時代は女の子にモテなかったそうですね。

 

吉田 そうですね。ドラマ『毎度おさわがせします』(TBS系)で、木村一八さんが道を歩いていたら、マンションの上からパンティが落ちて来て、パンティをつかんで見上げたら、そこのおねえさんが「ごめん、持ってきてくれる」って。それで木村さんが持っていくと、家に上げてもらって、股間にコーヒーをこぼされて……みたいな回があったんですよ。

 

【関連記事:ブラマヨ吉田敬「カトパンは僕の下ネタを待っている」】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル