top_line

キスマイ玉森裕太、愛の告白&過激セリフ生披露<パラレルワールド・ラブストーリー>

モデルプレス

【玉森裕太/モデルプレス=6月10日】Kis-My-Ft2の玉森裕太が10日、都内の劇場で行われた映画『パラレルワールド・ラブストーリー』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶に森義隆監督とともに出席した。

大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した玉森裕太 (C)モデルプレス
◆玉森裕太、あいうえお作文で“愛の告白”

この日は大ヒットを記念した舞台挨拶で、すべてのファンに「愛と感謝を込めて」様々な企画に挑戦した玉森。まず本作のキャッチコピーにある“きょうがく(驚愕)”であいうえお作文をすることに。さらにお題は「愛の告白」で難易度が上がり、玉森は頭を抱えた。

挑戦した企画 (C)モデルプレス
迷いながらも「今日さ・うち来る?・がびーん・来るの?来ないの?」と発表。途中の「がびーん」については本人も「分からない」と苦笑いで、「もう分からない。俺、なんでこんなことしているんだろう」とお手上げだった。

16歳からつい最近の写真を若い順に並べ替えた玉森裕太 (C)モデルプレス
また、劇中のドキッとするセリフを披露するコーナーでは「もうあいつと寝たの?」と低音ボイスで過激なセリフを生披露。司会を務めた日本テレビの青木源太アナウンサーが「これは…ドキッとしますね」と驚くと、玉森も「言う方もドキドキしていました。どう答えが帰ってくるのか。こんなセリフ(プライベートでは)言うことはないだろうなって」と話した。

玉森裕太 (C)モデルプレス
そのほか、16歳からつい最近の写真を若い順に並べ替えるゲームや「やったことない」というけん玉の皿のせにも挑み、見事一発で成功させた。

◆玉森裕太、宮田俊哉から「エロかった」

映画は、累計発行部数150万部を超える東野圭吾氏のベストセラー小説が原作。ある日突然、2つの世界に迷い込んでしまった崇史(玉森)が真実を求めて奔走する姿を描く。

封切りから10日が立ち、周囲からの反応を聞かれた玉森は「宮田(俊哉)さんからは感想たくさんいただきました。『なんか玉が玉じゃなかった』とか。ちょっとエロかったとか。色んな感想をくれましたね」と明かした。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング

ジャンル