『嵐にしやがれ』で紹介された「牛タンラー油」が飛ぶように売れてたので実際に食べてみた結果…

『嵐にしやがれ』で紹介された「牛タンラー油」が飛ぶように売れてたので実際に食べてみた結果…
一昔前に「食べるラー油」という言葉が流行ったのを覚えているだろうか。新語・流行語大賞のトップテン入りしたのは2 […]

一昔前に「食べるラー油」という言葉が流行ったのを覚えているだろうか。新語・流行語大賞のトップテン入りしたのは2010年で、今から約9年も前のことである。ちなみに同年の大賞は「ゲゲゲの〜」、トップテンには「〜なう。」「AKB48」などが選ばれている。

それを聞くと時の流れの早さを感じずにいられないが、いまだに食べるラー油の人気は健在なう。何なら、杜の都(もりのみやこ)こと宮城県仙台市では、進化した形で売られていた。なんと牛タン入りだ!

・嵐の番組などで紹介された商品

記者が「牛タン仙台ラー油」を発見したのは、仙台駅構内のお土産ショップを訪れたときのこと。あらかじめ地元の人から「ラー油が美味しくて、お土産にもオススメ」と情報を得ていたのだが、実際に商品を見てビックリ! そう……

『嵐にしやがれ』で紹介されましたとあるではないか!!

しかも、販売元の「陣中」の公式サイトを調べたところ、最近『マツコ&有吉かりそめ天国』でも紹介されたらしい。過去を遡れば『ペコジャニ8』『大食い女子決定戦』など、テレビで取り上げられまくり!

これはぜひとも試してみたい……とすぐさま買いたい衝動に駆られたが、まずはお客さんがどれくらい買うのかウォッチングしてみた。1人、2人、3人……次々にお客さんが来店し、飛ぶように売れていく。750円とそこそこ値段するのに、みなさんお構いなしだ。

しかも老若男女が買っていくあたり、さすが嵐効果……いや、マジでウマいからこそ買っているのだろう。ちなみにラインアップは「仙台ラー油」とその「辛口タイプ」。そしてせっかくなので、どう考えてもウマそうな「仙台みそ南蛮」「仙台そぼろ」も買ってみた。さてさて、お味はいかに!

・白米と食べてみた

まずはオーソドックスな「仙台ラー油」から。具の9割が牛タンという贅沢な一品で、ホカホカ白米との組み合わせは天国へ行けるだろう。とりあえず一口……

あ、あれっ、意外と普通の「食べるラー油」じゃね……?

と最初こそ思ったが、記者の貧乏性が牛タンラー油のポテンシャルを引き出せていないだけだった。というのも、実際ケチらず豪快に乗せて食べたら素直にGood。牛タンから肉の甘みがジュンジュワーと溢れてきて、白米をかき込めば……この世の幸せである。牛タンとラー油、それらと白米のコンボが抜群すぎる。考えた人、天才か!

次に辛口タイプを食べてみることに。容器の中を覗き込めば、紅に染まっていてすでにウマそうだ。分かる……これって食べなくてもウマいことが分かる……

と言いつつも食べるのだが、これまたピリリッとしたアクセントが素晴らしい。まあまあ辛いので好みが分かれると思われるが、刺激のある牛タンラー油も白米で死ねるくらいウマい。あと「仙台そぼろ」は、思った通り米との相性が天井をつけ抜けるくらい良かった。これ、米三合はイケるやつ!

・ライザップサラダと食べてみた

唯一、食べ方に困ったのが「仙台みそ南蛮」。これに関しては野菜系かなってことで最近話題のライザップサラダと食べてみたが、想像以上にピリッとしていてザップのヘルシーさを食ってしまう。ご飯でも試してみたが、温野菜のディップなどの方が相性良さそうだった。それにツマミでお酒なんて組み合わせがベストかも。

・通販でも買える

食べてみると売れているのも納得だった「仙台ラー油」。販売元である陣中の直営店舗は県内に6店舗。高速道路SAなどでも購入が可能だ。また、通販もやっているので気になる人は試してみるといいだろう。食べるラー油ファンは要チェケラ!

参考リンク:陣中オンラインショップ
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

更新日:2019年6月11日
提供元:ロケットニュース24

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(グルメ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME