ギブソンのギターかな。KLMオランダ航空が次世代型旅客機「フライングV」のプロトタイプ映像を公開

ギブソンのギターかな。KLMオランダ航空が次世代型旅客機「フライングV」のプロトタイプ映像を公開
StudioOSOフライングVといえばギブソンのエレキギターと相場が決まっている。鋭角的なデザインゆえのバランスの悪さのせいで、座って弾くなんてヌ...
1_e
Studio OSO

 フライングVといえばギブソンのエレキギターと相場が決まっている。
 
 鋭角的なデザインゆえのバランスの悪さのせいで、座って弾くなんてヌルいことを許さないアグレッシブさが素敵なヤツ。そんなVのアイコンが大空に舞い上がる日が来るようだ。

 KLMオランダ航空がデルフト工科大学航空宇宙学科と共同で開発を進めている次世代旅客機は、二股に分かれたV字型の機体デザインが先進的。その名はギターそのまんまの「フライングV(Flying-V)」だ。

FlyingV Teaser

低燃費で長距離飛行可能、効率を追求したデザイン


 その奇抜なデザインは、ただ奇をてらったものではない。空力の効率を突き詰めた結果なのだ。客室・貨物室・燃料タンクを翼に融合した形で配置することができ、現時点で最先端のエアバスA350 XWBと比較しても20パーセント燃費が改善されている。

4_e
Studio OSO

 コンセプトモデルを考案したのはベルリン工科大学の学生ユストゥス・べナト氏。

 奇抜なデザインにも関わらずA350とほぼ同等の仕様で、55メートルの全長はやや短いものの翼長は65メートルとまったく同じ。

 座席数も300~350席のA350に対し、フライングVは314席。貨物室の積載容量が160立米という点でもほぼ同じだ。

 そのために既存の空港施設を普通に使うことができる。

2_e
Studio OSO

 搭載されるターボファンエンジンは、既存のものとしては最高の燃費を実現したもの。現時点ではケロシン系、つまりは灯油を燃料としているが、電気式ターボファンといった革新的推進システムが登場しても簡単に適応できるようになっている。

 ついでに内部に備え付ける座席やトイレなども可能な限り軽量化され、空力特性の軽量化が図られている。


KLM to fund development of fuel-efficient Flying-V plane

持続可能な空の旅を約束


 大空を舞うために燃料を大量に燃焼させなければならない飛行機は、飛行中に与える環境への負荷も大きい。温暖化が急速に進行している現在、持続可能性をいかに実現するかは航空業界における喫緊の課題だ。

 フライングVが主眼に置くのもまさにこうした点。一見、攻めたデザインであっても、それが追求するのは大幅にエネルギー効率が改善された、クリーンな空の旅を約束する持続可能な次世代旅客機なのだ。

 プロトタイプの発表は2019年10月を予定しているそうだ。

References:ffuturism / tudelft/ written by hiroching / edited by parumo
更新日:2019年6月11日
提供元:カラパイア

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(動画)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME