【突撃】「ベローチェ」の “ちょい飲み” サービス『Vバル』がいよいよスタート! とりあえず全商品を頼んでみた

【突撃】「ベローチェ」の “ちょい飲み” サービス『Vバル』がいよいよスタート! とりあえず全商品を頼んでみた
コーヒー1杯200円の「カフェ・ベローチェ」が、なんと “ちょい飲み” に参入するらしい。このニュースは世のコ […]

コーヒー1杯200円の「カフェ・ベローチェ」が、なんと “ちょい飲み” に参入するらしい。このニュースは世のコーヒーファンだけでなく、我々のんべえにも大きな衝撃を与えた。まさか、あのベローチェが……? なんとも意外な伏兵である。

東京都内の一部店舗にて、今週からスタートした新サービス「Vバル」。お酒はもちろん、簡単な おつまみメニューも販売されるということでさっそく行ってきたぞ! 果たして、未知なる “ベローチェ飲み” の実力やいかに……。

・ベローチェでちょい飲み

すでにお伝えしている通り、「Vバル」のアルコール提供時間は開店から終日となっている。つまりオールタイム・アルコール。完全のんべえ仕様だ。ただし、おつまみメニューは午後5時からの提供のため注意が必要である。

当然つまみも注文したいので、この日は仕事終わりにお店へと駆けつけた。ちなみに現時点での「Vバル」実施店舗は、日本橋一丁目店、日本橋店、新橋四丁目店、東陽二丁目店、岩本町駅前店、東京駅八重洲口店、外苑前店の7店。今後も順次拡大予定とのことである。

・値段はお手頃

さて、店内に入りカウンターへ向かうと……おお! そこには「夜飲みはじめました」という一文と共に、魅力あふれる「Vバルメニュー」の数々が!! アルコールは全品350円(税込)で、フードは全品290円(税込)だってよ! いや~安いっすね~。じゃあとりあえず……全部ください。

おう、全部頼まないと意味がないから、全部頼んでやったぞ。フードは席まで持って来てくれるというので、まずはプレモル様で今日一日の疲れを癒す。アルコールの容器はグラスではなく、すべてカップのようだ。

周囲がお茶している中、ゴッキュゴッキュとプレモルを流し込むという背徳の快感に打ち震える私(あひるねこ)を横目に、続々とテーブルに運ばれてくる おつまみの皿、皿、皿……。カフェ・ベローチェがバルへと姿を変える瞬間である。くゥゥゥゥウウウウ! 最高ォォォォオオオオ!!

さて、注文したのは以下の6品。もちろんビールを飲んだ後は、角ハイボール、赤ワイン、白ワインも頼む予定だぞ。

・から揚げ
・ソーセージ盛り合わせ
・サーモンマリネ
・ガーリックトースト&焼きチェダー
・トルティーヤ チップス
・ポテトタマゴサラダ

・ぶっちゃけどうなの?

それでは改めてカンパーーイ! と同時に、ここから先は正直レビューでお送りしていきたい。まあ何となく分かってはいたのだが、フードメニューはハッキリ言ってどれも超フツー。マジで可もなく不可もなくだ。あえて挙げるなら、『ソーセージ盛り合わせ』がこの中ではベストかな。純粋に味の面での話。

次点は『トルティーヤ チップス』……に付いてきたタコスソースだろう。チップスはいらないのでこのソースだけ欲しいぞ。で、あとはどれも似たような感じだ。別にマズいと言っているわけではない。これ以上ないほどに普通なのである。要は書くことがない。

・これでいい

と、マジで正直に述べてきたが、個人的にはこれでいいと思っている。このくらいの気楽さでいいと思っている。言うまでもなくベローチェは、ガチで飲みに来る場所ではない。あくまで “ちょい飲み” 。1杯飲むついでに、ちょいと つまめればそれでいいのだ。そう、特にウマい必要はないのである。

「ちょっとコーヒーでも飲んでいきますか?」なんて言いながら誰かと入って、「あれ、ビールもあるみたいですよ」「あ、ホントだ。じゃあ……ちょっとだけ飲んでいきます?」「いいっすね」的なね。それくらい軽いノリの方が、ベローチェ飲みには合っているように思うんだな。

・用途次第

大事なことなので何度でも繰り返すが、「Vバル」のおつまみメニューはマジで普通だぞ。その代わり、早朝から飲みたい のんべえ諸君にとっては最高の鬼スポットでもある。というわけで良い子のみんな、これから出社前はベローチェでアルコールをキ・メ・ろ!!

参考リンク:カフェ・ベローチェ「Vバル」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

更新日:2019年6月9日
提供元:ロケットニュース24

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(グルメ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME