本物の動物を使わずホログラフィーでパフォーマンスを演出。ドイツのサーカスが世界初の試みを実施

本物の動物を使わずホログラフィーでパフォーマンスを演出。ドイツのサーカスが世界初の試みを実施
野生動物を使った芸や人間のアクロバティックな芸などの演目で多くの人々を楽しませるサーカスは、古代エジプト時代に始まり、ローマ時代にその原...


 野生動物を使った芸や人間のアクロバティックな芸などの演目で多くの人々を楽しませるサーカスは、古代エジプト時代に始まり、ローマ時代にその原型がなされたという。

 だが現在、サーカスにおける動物の扱いが批判の対象となっている。信頼関係を育みながら、敬意をもって動物たちに接しているサーカス団も中にはあるかもしれない。

 だが、非人道的な生活環境の中に動物たちを囚い、虐待ともいえる調教を強いるサーカス団のやみ深き部分が暴き出されているのも事実だ。

 こうしたサーカスの典型的な虐待をなくすために、ドイツのあるサーカス団のある取り組みが話題となっている。

 本物の動物たちのパフォーマンスを一切廃止し、動物たちのホログラフィーを導入した光のパフォーマンスショーを実現させたのだ。

This is Roncalli 2019

ホログラフィーで新時代のサーカスを実現


 1976年に設立されたドイツのベルリンを拠点とするサーカス「Circus Roncalli(サーカス・ロンカッリ)」は、ドイツでもトップサーカスの1つとして知られている。

 「Circus Roncalli」は、90年代にパフォーマンス用の動物の使用を徐々に廃止にし、2018年には生きた動物全てをサーカスの舞台に使用することを止めた。

 同サーカスの創設者バーナード・ポール氏は、50万ユーロ(約6,100万円)以上の投資を行い、本物の動物のパフォーマンスをホログラフィーにより見事な光のショーに置き換えることに成功した。

 サーカスでのこうした試みは、世界初だという。

#holographic #circustheaterroncalli #holograohicanimals #tierfrei #vegan #auchvegan #moderntimes @CircusRoncalli pic.twitter.com/P9GDlhbxEQ

— Circus Roncalli (@CircusRoncalli) 2019年4月19日

実寸大の動物を映し出す高性能プロジェクター


「Circus Roncalli」はホログラフィー用の動物を実際のサイズに撮影するために、高性能なプロジェクターとレーザーのセットを使用している。

 幅32メートル、広さ5メートルのアリーナ全体を、ゾウやウマ、金魚などの様々な3Dホログラフィック映像の動物たちが、パフォーマンスの一環としてステージ中央を回るように動く。ステージを埋め尽くすかのような美しい光のパフォーマンスは、圧巻だ。

 この新しい技術を用いたパフォーマンスは、世界でも最も大きなライトショーの1つとされており、現在大きな注目を浴びている。



実際の動物に代わるパフォーマンス導入の動きへ


  ホログラフィーを使用して野生動物たちを使用しないというサーカスの新しい形の試みは、瞬く間にSNSで拡散し、多くの人々が次のように賞賛の声をあげた。

・わぁ、これは素晴らしい取り組みだ。思いやりと工夫にありがとう!

・良いアイデアだね。すごく気に入ったよ。

・これでユニコーンなんかも作れそうだよね。楽しそう。

 また、Animal Defenders International(アニマル・ディフェンダー・インターナショナル)の代表ジャン・クリーマーさんは、「これが、サーカスの未来の姿です」と進歩した技術に喜びを露わにした。

 なお、ドイツの隣国イギリスでも、トナカイ、シマウマ、ラクダなど野生の動物を使ったサーカス公演を禁止する法案が、先月に可決されたそうだ。

References:German show uses HOLOGRAMS of animals instead of the real thing to avoid treating creatures cruelly/ written by Scarlet / edited by parumo
更新日:2019年6月10日
提供元:カラパイア

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(動画)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME