川崎殺傷事件犠牲の栗林さん「将来はお医者さん」の夢抱いていた

川崎殺傷事件犠牲の栗林さん「将来はお医者さん」の夢抱いていた
殺傷事件から1週間、6月5日からカリタス小学校の授業が再開された。同校の卒業生は言う。   「年間70万円ほどの授業料のほかに、寄付金などもありますので、比較的裕福な家庭の子供たちが通っています。保護者は大手商

殺傷事件から1週間、6月5日からカリタス小学校の授業が再開された。同校の卒業生は言う。

 

「年間70万円ほどの授業料のほかに、寄付金などもありますので、比較的裕福な家庭の子供たちが通っています。保護者は大手商社マンや開業医なども多いですね。特に幼稚園からカリタスという子は、みんな習い事もしていました。クラシックバレエ、ピアノ、バイオリンやフルートなどです」

 

亡くなった栗林華子さん(11)が3歳から習っていたのはチェロ。チェリストの佐藤明さん(64)から長年指導を受けていた。佐藤さんも教え子を突然失った恩師も悲しみを抑えきれずにいた。

 

「華子さんはまつ毛が長くて目も大きくて、そして明るい子でした。小学校4年生のときの発表会で、『先生、チェロを弾く前にお客さんへお話をしてもいいですか』と聞かれたことがありました。何を話すのかと思っていたのですが、華子さんはステージで小噺を披露したんです」

 

佐藤さんは5月28日火曜日の朝、ニュースで事件を知ったという。虫の知らせもあったのだろうか。「そういえば華子さんもカリタス小学校に通っていたな」、佐藤さんはお母さんにメールを送ったのだが、3時間後、華子さんの訃報に接し愕然としたという。翌日の水曜日は毎週、華子さんにチェロを手ほどきしていた日でもあった。

 

「夜にご自宅に弔問に訪れると、司法解剖から戻ってきたばかりの華子さんが穏やかな、眠っているような表情でマットレスに横たわっていたのです。顔にちょっと傷が残っていたようで、お化粧をしてもらっていました。僕は彼女の手を握りしめて『チェロ、楽しかったね。先生は華子ちゃんとの思い出を大切にするよ』と声をかけたのですが、彼女も答えてくれたように思います」

 

華子さんは3月でいったんチェロのレッスンを休止しており、2カ月ぶりの対面だったが、佐藤さんにとっても思いがけない形になってしまったのだ。

 

「今年1年は受験準備のためにレッスンをお休みすることになっていました。そういえば彼女は『将来はお医者さんになりたい』と言っていたこともありました」

 

「カリタス小学校は女子は中学校高校へも進めるエスカレーター式の学校ですので、外部受験に挑戦する女の子は約1割ほどです。音楽の道に進みたい、など明確な志望理由がある子ばかりだと思います」(神奈川県内の中学受験に詳しい学習塾関係者)

 

前出の佐藤さんは胸の内を絞り出すように語った。

 

「来年のいまごろには、志望校に合格した華子さんのチェロの音色を聴くことができるだろうと楽しみにしていました。それがこんな事件に巻き込まれてしまって、一瞬で命を絶たれてしまいました。話し好きで好奇心旺盛な彼女は、いったいどんな女性に育ったのでしょうか。犯人も憎いですし、彼女はもう戻ってこないのだと思うと、やるせなくて、つらくて仕方がないのです」

更新日:2019年6月8日
提供元:女性自身

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(テレビ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME