top_line

BLUE ENCOUNT バンドの空中分解時期を乗り越え、ブルエンらしさを素直に表現した“闘う魂”が凝縮された新作について訊く。

エンタメステーション

BLUE ENCOUNTのメジャー初となるミニ・アルバム『SICK(S)』は、ここに来て急斜面を一気に駆け上がる豪快な作風に仕上がっている。表題は一般的には「病気」という意があるけれど、スラング的に「かっこいい!」というニュアンスで使われることも多く、もちろん今作は後者の意味で付けられた。紙資料に掲載されている田邊(Vo/G)の言葉を借りるならば「今までで一番かっこいい」6曲が揃った作品と言っていいだろう。ただし、今作に辿り着くまでにバンドは自分たちの進むべき道を失い、空中分解の時期もあったという。そんな期間を経て作り上げた今作にはブルエンの”闘う魂”が凝縮されている。音楽に対して、誠実に向き合うメンバー4人の人柄が滲み出た赤裸々なインタビューとなった。

取材・文 / 荒金良介 撮影 / 映美

バンドのあり方をどうするべきなのか、みんなで手探りしていた1年間でしたね(田邉)

ーー 昨年出た3rdアルバム『VECTOR』は音楽性の幅をグッと広げた素晴しい作品でしたが、それから前シングル「FREEDOM」を挟んでリリースされる今作はBLUE ENCOUNT(以下ブルエン)の体の奥底にある衝動やパッションをストレートにぶつけたような作風だなと。

田邊 バンドとしてジャンルレスにやってみるという意味で、『VECTOR』みたいな作品はずっと出したかったんですよ。で、そのツアーが6月から始まって、ライヴ中は楽しいんですけど、さて次はどんな曲を作ろうかなと。そこが全く見えなかったんですよね。昨年1年間はどんな曲を作ろうという具体的な目標が見えず・・・曲はいっぱいできるけど、自分たちは何を伝えるべきなのかがわからなくなっちゃって、それがライヴやメンバーにも伝染してしまったという。

ーー 内情はそういう感じだったんですね。

田邊 ライヴで平均点は見せられるけど・・・宙ぶらりんな感じで過ごした1年でした。僕自身も去年はあまり言葉を発せず、バンドのあり方をどうするべきなのか、みんなで手探りしていた1年間でしたね。

江口 田邊が言ったように地に足が着いてないというか、心ここにあらずみたいな感覚はありましたね。メンバー4人の見ている景色が微妙にズレながら、ライヴをやってましたからね。その感覚は『VECTOR』のツアーが終わった後ぐらいから、今回のミニの制作に取りかかる前まで引きずりました。その間にもいいライヴはあったけど、たまたまハマッていいライヴだったみたいな。昔ほど「今日は良かった!」という達成感に浸る回数は少なかったですね。

メンバーのことをわかっているつもりでわかっていなかったんでしょうね(江口)

ーー 地に足が着いてない理由もはっきりとわからず?

江口 メンバーのことをわかっているつもりでわかっていなかったんでしょうね。芯を食った話を密にすれば良かったんだけど、そこまで話をしなかったし、バンドに対して向き合おうという気持ちも欠如していたのかなと。

辻村 ライヴで自分があまり良くないと思っても、「いいライヴだったね!」と言われることもあり・・・。結果、答えはシンプルで4人が楽しんでいるか楽しんでないか、そこで一致できたんですけどね。昨年はマジメ過ぎるがゆえに悩んでしまったのかなと。

高村 昔と比べて、勢いだけじゃ済まない場面も増えてきましたからね。あと、楽しむことが二の次、三の次になってしまって、それから派生するワクワクする未来の話をする機会が減ったのかなと。今振り返ると、視野は狭くなっていたのかもしれないですね。

いずれは東京ドームに向かうようなバンドになりたいよねって。そういう夢に向かって、チーム一丸となってやろうと(田邉)

ーー では、今作の制作に入る前にビジョンが見えてきたんですか?

田邊 そうですね。今年1月の末に4人で久々に何もない日に飲みに行ったんですよ、100年ぶりぐらいに(笑)。それまではお互いに探り合うような感じで意見を交わすこともなかったですからね。長年一緒に歩んできたからこそわかることもあるし、あるいは、わかっているつもりでい過ぎて、会話のキャッチボールができていなかったなと。で、スタジオ終わりで居酒屋に行ったときにいろいろ話したんですよ。お互いに意見を言い合って、リハーサルの内容はこういう風に変えよう、アリーナ・ツアーをやってみたいとか、いつも俺らは笑われるぐらいの夢を語っていたから、じゃあ、今から言える夢を掲げていこうと。

ーー そこでいろんな夢やアイデアが出てきたんですね。

田邊 はい。たくさんのお客さんの前でやれるライヴを増やしたいし、いずれは東京ドームに向かうようなバンドになりたいよねって。そういう夢に向かって、チーム一丸となってやろうと。それで飲みの終わりに今年1月から6月までの時間に「ミニアルバムでも作らない?」って。

ーー そこでミニの話が出てきたんですね。

田邊 そうなんですよ。インディーズの頃はミニ・アルバムをよく出していたし、それが自分たちの状況をいい方向に変えてくれたから。メジャーで初めてミニを作るのも面白いかもなって。6月からホール・ツアーも控えているけど、「自分の作りたいものを作らない?」って。聴いた人すべてがワクワクするようなものを妥協せずに作りたくて。それで最終的にみんなが選んだのが今回の5曲で、最後の6曲目はバラードにする予定だったんですよ。

ーー ラストは「アンコール」ではなく、バラードで締める予定だった?

田邊 はい。インディーズの頃に出したミニ・アルバムはラストがバラードだったから、それで行こうと思ったけど、流れが良くなくて。もう一度楽曲を練り直して、「アンコール」という曲が生まれましたからね。

江口 インディーズの頃から日本武道館を掲げて、それを達成した後にブルエンはどこに向かって走るんだろうと。それをこっちから提示しなかったところもあったし、自分たち的にもそれでいいだろうと思っていたんですよ。でもこのタイミングで目標を掲げた方がいいだろうと。で、ホールやアリーナ・ツアーをやりたいと言ったときにメンバーが一致団結したところはありますね。それをファンにも提示して、さらに動き出そうと。

田邊 確たる何かがあったわけではないけど、ああ、こういう感じで倦怠期って来るんだなと。去年、ELLEGARDENの復活があったり、先輩のライヴで刺激をもらえたことも大きくて。今作を作る時にも話したんですけど、先輩たちのライヴがいいなあと思うのは、何年経っても色褪せない太い芯があって、それが世の中に認められて、その音楽が残り続けるという。

ーー ブルエンにとってELLEGARDENはまさにそういう存在ですもんね。

田邊 俺らは昔からブルエンらしさを勝手に決めたり、そのくせに自分っぽさを嫌って、『VECTOR』みたいにいろんな引き出しを作りたいという気持ちになったりして。でもその結果、明確な答えはなく、「ブルエンらしさは何ですか?」と聞かれても、う〜んという自分たちがいましたからね。

ーー 自分たちでも”らしさ”が何かはよくわからなかったと。

田邊 だから、またイチからこね直すのもいいかもねって。それが今回の6曲なんですよね。これがブルエンっぽいと言われたら、それでいいのかなって。いままではブルエンっぽいと言われるのが嫌だったけど、それが初めて腑に落ちるというか。そういう作品にやっと出会えた気がするんですよ。それは6曲とも同じメッセージが入っているから、というのが大きいんですけどね。

自分たちが聴いて、テンションが上がるものは何だろうと思って歌詞も書きました(田邉)

ーー 同じメッセージというと?

田邊 背中を押したいという気持ちですね。それは自分たちの背中を押すということなんですよ。昔からブルエンの音楽は誰かに届けたいわけじゃなく、自分たちの暖簾に腕押しの毎日の中で、いかに背中を押すかみたいなことをやってましたからね。そこで出てきた言葉が自分たちでも沁みるなあと思い、それが受け入れられて、ブルエンは熱いとか、聴いてくれた人が背中を押してくれるという風に受け取ってもらえたから。今回はバラードや恋愛の曲は書こうという気持ちになれなかったんですよね。自分たちが聴いて、テンションが上がるものは何だろうと思って歌詞も書きました。それが自分たちの一つの芯なのかなと。音作りもいままでの中で一番時間をかけたんですよ。

ーー ああ、そうだったんですね。

田邊 1ミリでも納得できなかったら嫌だみたいなスタンスで録りました。今回は4人でちゃんとゴールを見つけてから、取り組もうと。細かいところにもすごく時間をかけましたからね。ひとつのフレーズに対しても言い合ったし、メンバーもそれに応えてくれましたからね。6曲なら楽勝かなと思ったけど、わりとキツかったですね。でもそれぐらいに音楽に対するマインドは変わったと思います。

いままで以上に俺らも田邊の頭の中を覗こうとしたんですよ(江口)

ーー 具体的に言うと?

田邊 いままではテンションでやっていた部分も大きかったけど、今回のレコーディングはどうしていいかわからないけど、どうにかしたいみたいな。ちゃんと成功例を見つけたいと思って取り組みました。いままでは、自分たちが気持ちいいと思うものを正直出せてなかったんですよ。誤解を恐れずに言えば、僕の頭の中を100%出せてなかった。でも今回は100点、120点のものが出せたと思ってるんですよ。やっとレコーディングの方法論が見つかった気がする。

高村 ああ、それはあるかもね。

江口 いままで以上に俺らも田邊の頭の中を覗こうとしたんですよ。田邊はよく「俺の頭の中にあるものは伝えられない」と言っていたけど、今作に関してはどうにかして覗こうと。小さな破片でもいいから、それを拾い集めて、一番いいものを作ろうと努力しました。

ーー 田邊さんの楽曲のビジョンに対して、メンバーそれぞれ寄り添う作業に励んだと。

江口 そうですね。フレーズ、音作りにせよ、細かい部分まで寄り添おうと。ここはこっちの方がいいんじゃない?と田邊を説得させる場面もあったけど、作曲者の正解を自分たちも見てみたいという気持ちがありましたからね。結果、いい作品ができて良かったです。まあ、大変でしたけどね(笑)。

誰か一人を際立たせるために残りの3人がグッと一歩下がるみたいな。そういう作り方もありだなと(高村)

人の耳に入りやすいストレートな音楽だけど、実は細かいことをやってます、と後から気づいてもらえればいいのかなと(辻村)

ーー 特に大変だったところは?

江口 フレーズ作りと音作り、どちらも大変でしたね。フレーズはほぼできあがったものをイチから作り直すことも多かったし。音作りもなかなか決まらなくて、それを少しずつ田邊の理想に近づける努力をしたから。レコーディングよりも、音作りに割く時間の方が長かったですね。

辻村 僕の場合、以前は自分のエゴをガツガツ入れてたんですよ。でも今回のベースラインに関しては自分のエゴは入れてないですね。その分、いいパスの仕方を考えました。結果的にそれがブルエンの音楽になってますからね。人の耳に入りやすいストレートな音楽だけど、実は細かいことをやってます、と後から気づいてもらえればいいのかなと。

高村 僕もほぼ同じですね。以前は4人とも攻めて、そのぶつかり合いを良しとするところがあったんですけど。それから少し変わって、誰か一人を際立たせるために残りの3人がグッと一歩下がるみたいな。そういう作り方もありだなと。だから、自分の音に関してはそれほど我を通さず、全体の音が良ければそれでいいと思いました。今回の制作を通して、新しいブルエンの形ができた気がしますね。

田邊 これからのワクワク感をちゃんと出せたなと思ってます。次はどんな曲が来るんだろうみたいな、ELLEGARDENがそうだったんですよ。いまだに『ELEVEN FIRE CRACKERS』を聴いても、そういう気持ちになりますからね。だから、飲み会で話したこととは相反しているかもしれないけど・・・今回の作品はホール・ツアー用に出す作品じゃないですからね。

ーー 全曲ライヴハウス仕様の楽曲ばかりですよね(笑)。

田邊 ここから47都道府県ハコ・ツアーみたいな感じですもんね。でもアーティストが出す曲は、常にそのときに出したい曲なのかなって。それをどこかで忘れていたので、このタイミングで思い出せて良かったですね。改めて、ブルエンにはこういうものが求められるんだろうなって、自分たちでも期待しながら作りましたからね。誰かの背中を押すというか・・・だけど、応援歌でもない気がするんですよ。ブルエンはマイナスな部分も出して、それを共有した上でお客さんが歌ってくれるみたいな。ただ闇雲にポジティヴなことだけを言わないし、そういう作品が久々にできたんじゃないかと。

ーー そういう意味でも、リアルな自分たちを吐き出すことができた作品だと。

田邊 『VECTOR』を作ったときも俺らしかできないと思ったけど、今作ができると、こういう作品を作れるバンドも俺らしかいないのかなと。今回は濃過ぎるんじゃない?と思うくらいのものを出したつもりだけど、そこまで重くないというか、聴きやすさもありますからね。特に押し付けているわけじゃないけど、何かがあった人にはちゃんと響くだろうなと。フォーカスを絞って曲を作っても、みんなに届くんだろうなという手応えはありますね。

ーー 改めて、バンドの軸が定まった作品とも言えますね。

田邊 そうですね。ここから始まると言ってもいいくらいですからね。

ーー 「大切なモノを失いながら 大事なことに気づいていく」(「アンコール」)の歌詞にはどんな気持ちがこもっているんですか?

田邊 う〜ん(しばらく考える)、「大事なものに気づいていく」と言ってますからね。

自分たちに向けて、旅の始まりを告げる曲になっているんじゃないかと(田邉)

ーー 現在進行形ですね。

田邊 そうですね。この作品が世に広まってわかることなのかなと。メジャーデビューしてからの5年は叶った夢も多かった反面、失った自信もありますからね。その失った自信を、曲を作ることで取り戻せるわけでもないし。この作品が広がって、各地で歌ってくれて、それから見えてくることなのかなと。自分たちに向けて、旅の始まりを告げる曲になっているんじゃないかと。

将来、アリーナ・ツアーに向かうためには内側まで整えなきゃいけないから(田邉)

ーー わかりました。6月からホール・ツアーを控えてますけど、今後のブルエンの展望を教えてもらえますか?

田邊 血ヘドを吐くような努力でやっていきたいですね。振り返ると、どれだけやってもダメな時期も多かったから。それに付随した努力をしたのかと問われたら、意外としてないかもしれない。最近は何がトレンドなのかもわからないし、トレンドになってるからトレンドと言われているだけかもしれないわけで。「自分たちはどうなりたいですか?」と聞かれたときに、気軽に楽しく音楽をやりたいのか、相手の目を見て俺らもこうだから頑張ろうぜ!という気持ちでやるのか、そう考えると後者なんですよ。正直にやらないと、いい作品はできないと思うし、いいライヴもできないと思いますからね。将来、アリーナ・ツアーに向かうためには内側まで整えなきゃいけないから。今作ができた後に気づいたのは、一緒にボロボロになって闘っていきたいなと。その同志がライヴに詰めかけてくれるようなバンドになりたいですね。俺らはあなたの戦友ですからね、と言える曲を作っていきたいなと。

リリース情報

完全生産限定盤

通常盤

BLUE ENCOUNT
『SICK(S)』

2019年6月5日発売

【完全生産限定盤(CD+Tシャツ)】 KSCL3168-3169
KSCL3168-3169 ¥4,167+税
・Tシャツ 完全限定プレミアム「SICK(S)」Tシャツ
【通常盤(CD)】
KSCL3170 ¥1,667+税

<収録曲>
01. PREDATOR
02. ワンダーラスト
03. ハウリングダイバー
04. #YOLO
05. 幻聴
06. アンコール

その他のBLUE ENCOUNTの作品はこちらへ。

ライブ情報

BLUE ENCOUNT TOUR 2019 apartment of SICK(S)

6月9日(日)熊本 熊本市民会館シアーズホーム夢ホール
6月21日(金)東京 中野サンプラザホール
6月28日(金)大阪 大阪オリックス劇場
7月15日(月・祝)愛知 名古屋市公会堂

BLUE ENCOUNT

Vo. Gt.田邊駿一、Gt.江口雄也、Ba.辻村勇太、Dr.高村佳秀。
熊本発、都内在住4人組。熱く激しくオーディエンスと一体になり、ダイレクトに感情をぶつける熱血なパフォーマンスが話題のエモーショナルロックバンド。2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。2015年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得。同年5月には人気のテレビ東京系アニメ『銀魂(第3期)』のオープニングテーマとなるシングル「DAY×DAY」をリリース。7月にファースト・フルアルバム『≒』(読み:ニアリーイコール)をリリース。2016年には1月に第94回全国高校サッカー選手権大会の応援歌にもなった「はじまり」、そして『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のオープニングテーマ「Survivor」、全ブルエンリスナーに向けた「だいじょうぶ」、ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』の主題歌「LAST HERO」と4枚のシングルをリリースし、そして2016年10月には日本武道館ワンマン公演、<LIVER’S 武道館>も大成功に収める。そしてメジャーデビュー5周年、バンド結成15周年となる2019年、6月からスタートするバンド史上初のホールツアー<BLUE ENCOUNT TOUR 2019 apartment of SICK(S)>へ向けて渾身のミニ・アルバム『SICK(S)』をスタンバイ。常に全力のパフォーマンスとシンプルで熱いメッセージを愚直なまでに伝え続ける彼らの姿勢に共感が止むことは無い。

オフィシャルサイト
http://blueencount.jp/

フォトギャラリー

BLUE ENCOUNT バンドの空中分解時期を乗り越え、ブルエンらしさを素直に表現した“闘う魂”が凝縮された新作について訊く。は、【es】エンタメステーションへ。

TOPICS

ランキング

ジャンル