top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

窪田正孝、二階堂ふみと朝ドラ“夫婦”会見で息ぴったり「結婚式みたい」 お互いの印象は?<エール>

モデルプレス

【エール/モデルプレス=6月3日】女優の二階堂ふみが、俳優の窪田正孝が主演を務める2020年度前期NHK連続テレビ小説「エール」のヒロインに決定し、3日、東京・渋谷NHKにて行われた会見に出席した。

窪田正孝、二階堂ふみ(C)モデルプレス
◆窪田正孝、二階堂ふみは「安心感がある」

窪田正孝、二階堂ふみ(C)モデルプレス
書類選考、カメラテストなどのオーディションを経て、2802名から選ばれた二階堂は、窪田演じる主人公・古山裕一(こやま・ゆういち)の妻・関内音(せきうち・おと)役。

過去にも共演経験がある2人。窪田は二階堂のヒロイン決定を「3日前に聞いた」といい、「マネージャーから絶対誰にも言うなとすごく言われていて、誰にも言わずにずっと我慢していた」そう。

窪田正孝(C)モデルプレス
以前、共演した際の印象を「彼女の描く芝居の繊細さとかキャラクターの作り方、入り方を魅力的に感じていました」と明かし、「彼女と1年間できることがすごく幸せに思いますし、安心感がありますし、2人にしかできない化学反応みたいなものがいっぱいいっぱい起こっていって、作品が盛り上がっていけたらいいんじゃないかなと思います」と喜びと意気込みを語った。

さらに「1年間、よろしくお願いいたします!」と挨拶すると、思わず「結婚式みたい(笑)」と吹き出し、会場の笑いを誘う一幕もあった。

◆窪田正孝&二階堂ふみ、息ぴったり会見

二階堂ふみ(C)モデルプレス
一方、二階堂は窪田について「すごく誠実で真っ直ぐな方なんだなという印象を持っていました。それでいて繊細さもあり、大胆なところもある方なんだろうなと思っておりました」と告白。その印象から、「今回の裕一さんはぴったりなんじゃないかなと思っております」と太鼓判を押していた。

窪田正孝、二階堂ふみ(C)モデルプレス
また、2人はフォトセッション時、「腕を組んでください」とカメラマンから要望を受けると、お互い胸の前で1人で腕組み。わざとボケてみせ笑わせた後には、二階堂が窪田の腕に手を回し、しっかりポーズを決めるなど、早速息ぴったりだった。

◆2020年度前期NHK連続テレビ小説「エール」

窪田正孝、二階堂ふみ(C)モデルプレス
同作は、現在放送中の「なつぞら」(広瀬すず主演)、2019年後期「スカーレット」(戸田恵梨香主演)に続く、102作目の作品。

全国高等学校野球大会の応援歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの歌「六甲おろし」、巨人軍の歌「闘魂こめて」など、スポーツシーンを彩る応援歌や、ラジオドラマ「君の名は」「鐘の鳴る丘」「長崎の鐘」「イヨマンテの夜」など、数々のヒット歌謡曲を世に送り出した昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)氏と、妻で歌手としても活躍した金子(きんこ)氏をモデルに、音楽とともに生きた夫婦の物語を描く。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング

ジャンル