top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

藤原竜也はキング! 鈴木亮平は右大臣!? 団地の小学生役を演じる舞台『渦が森団地の眠れない子たち』対談

SPICE

2019年10月、東京・新国立劇場 中劇場にて、舞台『渦が森団地の眠れない子たち』が上演される。本作は、蓬莱竜太が作・演出を手がける書き下ろしの新作。団地の王座をかけて争う小学生を描いた“団地大河ドラマ”だ。
本作で10年ぶりに舞台共演を果たすことになったのは藤原竜也と鈴木亮平。二人は同じ団地で暮らす小学生役を演じる。

5月上旬、二人に話を聴いてきた。


(左から)藤原竜也、鈴木亮平



ーー今回の舞台、藤原さんから蓬莱さんに舞台の依頼をされたのがきっかけ、と聴いていますが、具体的にはどのようなやりとりがあったんですか?

藤原:以前、井上ひさしさんが『木の上の軍隊』を書くことになり、プロットを書かれてさて本番の台本を、という時にお亡くなりになり、残されたプロットをベースにして栗山民也さんが蓬莱さんに「続きを書いて欲しい」と打診され、書き上げたと言う話を聞きました。そこから僕が蓬莱さんと出会う機会が出来、いろいろ話がとんとん拍子に進み、新作を書いていただきたいという事になったんです。

ーー蓬莱さんと藤原さん、鈴木さんのお三方で食事会にいかれたと言う話を聞きました。

鈴木:僕はその食事会で初めて蓬莱さんと会い僕の人となりを知って頂きました。(笑)蓬莱さんは「何か団地エピソードを頂戴」って言ってましたね(笑)。

藤原:蓬莱さんは当時ご自分の劇団の公演があったので、それまでに一気に書き上げたいという事情があって。イメージをふくらましたかったんじゃないかな?


藤原竜也



ーー初めて蓬莱さんと話をしてみていかがでしたか?

鈴木:蓬莱さんとは地元も近くて、年齢もそれほど離れていないので、同じ時代を生きてきた人なんだろうなあと思いました。プロットを読ませていただいた時に当時の出来事や蓬莱さんの子ども時代がベースとなっているなと感じ、共通認識が持てましたね。

ーーお二人からご覧になった蓬莱作品の魅力はどんなところでしょうか?

藤原:物語の作り方が非常に優れていることと、常に見ている側=お客様に対していろいろな球を投げてくる、それは変化球なんですが、強いメッセージ性を与えてくれる……年齢も若いですが、貴重な存在だと思います。何しろ書き方が上手いんです。

でも10割バッターなんていないからさ! このあたりでつまずいてもいいんじゃない?(笑)お客さんもきっと期待して観に来る訳でしょ?「すごく良かったけど、本は大した事なかったね~」的な感想を味わう事だってあるわけじゃない?


(左から)藤原竜也、鈴木亮平



鈴木:逆の可能性もあるよね。「本は良かったけれど、あの二人何だよ!」って事も(笑)。

藤原:そういう舞台があってもいいかもね、年に1本くらいはさ(笑)。

鈴木:……僕は年に1本くらいしか舞台やらないんだから、成功させたいですよ(笑)!
で、改めて(笑)、蓬莱さんの作品についてですが、台詞がどれもよくてセンスもある。すごく考えられて作られているなあと感じます。伝えたい事は何なのかをハッキリ分かりやすく見せるんじゃなくて、その1歩手前で止め、想像させている。そのバランス感がいいですね。こんな切り口から描くのかとか、特別気をてらっている訳じゃないんですが、切り口もものすごく上手いなって思います。

ーー小学生役で団地が舞台と聴いた時、どのように感じましたか?

鈴木:「小学生役」ってところに注目されていますが、僕の中では「ああ、小学生役か」ってくらい、ストーンと自分の中に落ちてきました。これが例えば老人役だった場合の方が困りますね。経験してきていないから。あの頃を思い出せば小学生役、いけるんじゃないかなって。皆さんは身体の大きさとか老けているとか、気になるでしょうが、僕からは自分自身が見えてないから(笑)、心が戻れば大丈夫なんじゃないかな?

藤原:僕も蓬莱さんが「何をもって、僕と亮平に小学生役を持ってきたのか」とその本質や彼がこの作品で描きたいテーマとは何だろうと考えてみたくて。今は早く台本を読みたいですね。


(左から)鈴木亮平、藤原竜也



鈴木:僕は蓬莱さんが竜也くんを見て小学生設定を思いついたんだと予想しますけどね。なかなかこんな童心を持ち続けている人はいないから。しかも少し王様気質だし、「キング」と言ったら僕の中では藤原竜也さんですよ。

藤原:カズじゃないんだ!

鈴木:「キング・カズ」じゃない(笑)! でもカズさんに並びますね。ガキ大将という意味でもね。これ、小学生設定なので、コメディーと思われている方もいらっしゃいそうですが、そうではないんですよ。むしろシリアスかもしれない。プロットを拝見する限りでは「権力闘争」というか。僕の中では今ハマっている海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を彷彿とさせるくらい裏切りや、パワーバランスが描かれているんです。

藤原:これだけの企画ですからね。面白いと思うよ! 「この芝居に有名人はいらないから。実力者だけを揃えるから」って言われました。事実、共演者には力のある同世代の俳優が集まったので、周りの人たちとの化学反応も楽しみですね。

鈴木:しかも今回は蓬莱さんが台本だけでなく演出もやってくださいますから、蓬莱さんが考えている事を全部感じ取れることが嬉しくて、ありがたい事だと思っています。


鈴木亮平



ーーさて、共演が10年ぶりという事ですが。お互いの印象は?

藤原:10年ぶり……そんなに時間がたったのか! 久々ガッツリ組ませていただくことが楽しみです。もう存在が頼もしい。

鈴木:当時僕は役者を初めて数年という状態で、竜也くんを見て勉強したりする立場でした。今回久しぶりに共演できることで自分の成長も見せたいですし。竜也くんという「キング」が投げてくる剛速球や、時には暴投をバシッと受け止めて上手い事投げ返したいです。キャッチャー的な存在だと思っていますから。でも気が付いたら役割が入れ替わっているかも。

ーー話がややそれますが、お二人はどんな小学生でしたか?

藤原:僕は埼玉で生まれ育った、絵にかいたような小学生でした。田んぼでザリガニ採って川でアユを釣っていて……。

鈴木:そんな小学生、いないって!

藤原:え? いないの!?

鈴木:昭和初期とか戦後すぐとかのイメージでしょう!?

藤原:えーそうかな? 田んぼでイナゴを200匹くらい捕まえてたこともあったよ!


小学生の役柄っぽく? はしゃぐ二人



鈴木:同い年なのになぜかジェネレーションギャップを感じて仕方がないんだけど(笑)。

藤原:蓬莱さんとの食事会でもそんな話をいっぱいしていたら、最後には亮平が僕を抱きしめてくれたんです。「よくぞ立派に育ったなあ」って(笑)。

鈴木:僕は普通の小学生でした。工業地帯で育ったごく普通の子でした……って全然おもしろくないじゃん(笑)!

ーー仲間内ではどんな役回りでしたか? リーダー格とか、子分役とか

鈴木:僕は「にぎやかし役」でした。関西だったしおもしろくないと、ってノリがあったんです。小1の時は裸で教室で踊っていたり、小2になって突然恥ずかしくなってきたのか、服を着るようになり……以降、小1の件は僕の黒歴史となっております。
今回もプロット段階では、竜也くん演じる「キング」のお気に入りの子分役。右大臣みたいな役どころらしいです。

藤原:こんな話をしているのに本が出来たら全く関係ない話になっていたりしてね!

鈴木:登場して直後、首を掻っ切られるシーンからスタートするかもしれないし!

藤原:「団地大河ドラマ」の「大河」のところだけが強調されているかもね(笑)。


大ジャ~ンプ!!



取材・文=こむらさき 撮影=福岡諒祠

TOPICS

ランキング

ジャンル