top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

藤原竜也はキング! 鈴木亮平は右大臣!? 団地の小学生役を演じる舞台『渦が森団地の眠れない子たち』対談

SPICE

2019年10月、東京・新国立劇場 中劇場にて、舞台『渦が森団地の眠れない子たち』が上演される。本作は、蓬莱竜太が作・演出を手がける書き下ろしの新作。団地の王座をかけて争う小学生を描いた“団地大河ドラマ”だ。
本作で10年ぶりに舞台共演を果たすことになったのは藤原竜也と鈴木亮平。二人は同じ団地で暮らす小学生役を演じる。

5月上旬、二人に話を聴いてきた。


(左から)藤原竜也、鈴木亮平



ーー今回の舞台、藤原さんから蓬莱さんに舞台の依頼をされたのがきっかけ、と聴いていますが、具体的にはどのようなやりとりがあったんですか?

藤原:以前、井上ひさしさんが『木の上の軍隊』を書くことになり、プロットを書かれてさて本番の台本を、という時にお亡くなりになり、残されたプロットをベースにして栗山民也さんが蓬莱さんに「続きを書いて欲しい」と打診され、書き上げたと言う話を聞きました。そこから僕が蓬莱さんと出会う機会が出来、いろいろ話がとんとん拍子に進み、新作を書いていただきたいという事になったんです。

ーー蓬莱さんと藤原さん、鈴木さんのお三方で食事会にいかれたと言う話を聞きました。

鈴木:僕はその食事会で初めて蓬莱さんと会い僕の人となりを知って頂きました。(笑)蓬莱さんは「何か団地エピソードを頂戴」って言ってましたね(笑)。

広告の後にも続きます

藤原:蓬莱さんは当時ご自分の劇団の公演があったので、それまでに一気に書き上げたいという事情があって。イメージをふくらましたかったんじゃないかな?


藤原竜也



  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル