キアヌ・リーブスの“死生観”とは……? 映画『レプリカズ』インタビューで撮影地、神経科学について語る

キアヌ・リーブスの“死生観”とは……? 映画『レプリカズ』インタビューで撮影地、神経科学について語る
5月17日(金)に公開される『レプリカズ』より、主演のキアヌ・リーブスが撮影地プエルトリコ、そして神経科学、死生観について語ったインタビューがそれぞれ解禁となった。 キアヌ・リーブスが、家族を事故で失った絶望の中、愛する […]

5月17日(金)に公開される『レプリカズ』より、主演のキアヌ・リーブスが撮影地プエルトリコ、そして神経科学、死生観について語ったインタビューがそれぞれ解禁となった。

キアヌ・リーブスが、家族を事故で失った絶望の中、愛する家族を守るため倫理に反した暴走が加速していく科学者を熱演する本作。妻役には『スター・トレックイントゥ・ダークネス』のアリス・イブ、『キングコング:髑髏島の巨神』のジョン・オーティスなどが脇を固め、製作には『トランスフォーマー』『RED』『MEG ザ・モンスター』のロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラや、『パッセンジャー』などアクションの傑作を生み出してきたメンバーとキアヌ本人も名を連ねるという気合いの入った1本だ。監督は『デイ・アフター・トゥモロー』で脚本を手がけたジェフリー・ナックマノフが務める。

撮影地プエルトリコについて
インタビューでは、「プエルトリコ〜♪プエルトリコは素晴らしかったよ。」と鼻唄を交えながらプエルトリコでの撮影を振り返るキアヌ。雄大な自然に囲まれたプエルトリコのロケーションは、彼にとって大いに満足のいくものだったようだ。

また、当時のプエルトリコは、ジカ熱の流行と財政破綻で苦しい状況だったにもかかわらず、撮影に協力的な現地スタッフの姿勢には、「プエルトリコで一緒に仕事をした人は皆一流だった。彼らの素晴らしい仕事ぶりはスクリーンでも見られると思う。プエルトリコには映画や映画製作に対する情熱があると感じた。また彼らは全てを捧げてくれた。それは僕が望む全てのことだった」と感謝の気持ちを語っている。

そんなキアヌは「島全体を見て回る時間はなかったが、また行くチャンスがあると嬉しい。妹が40歳の誕生日で遊びに来た時、ヘリコプターで観光して、島を上から見られたのは特別な体験だった」と撮影が忙しく島を堪能する時間はなかったようだが、妹の誕生日には撮影の合間を縫って観光したそう。

最後は、「プエルトリコは、また来たいと思う場所だった。オートバイを持って戻って来たいね。バックパックを背負って、島を運転して回り、泳いだりする。地元の人と会って、食べ物も楽しめたらいいね。とても素敵な経験だったよ」との言葉で締めている。

神経科学、死生観について
天才科学者という役を演じるにあたり、脳の機能に関する膨大な量の文献を読み漁り、意欲的に向き合ってきたというキアヌ。時には、監督にシーンや物語の根底にある科学について新しいアイデアを提案するなど、彼の神経科学に対する知識は本物の科学者さながらの領域にまで達している。

インタビューでキアヌは、「神経科学がなければ、僕たちには意識がない。神経科学があるからこそ、僕たちは命を体験することができる」と、体内で行われる神経科学が生み出す意識こそが、命を体験する上で重要なワードになっていると、本物の科学者のごとくコメント。本作でも人間の意識をロボットに移植する実験を行っているが、その結果が果たしてどのようなものになるのか、この言葉を頭の片隅にでもおいて観てもらいたい。

さらにキアヌかは「脳の中に何があるのか、僕たちはどこから来たのか、僕たちは何を受け継いでいるのか、僕たちは何者なのか、と謎も残る」と、いまだに謎の多い分野である神経化学はいくら勉強をしても問題が尽きず壮大なSFロマンを感じさせるものかのような発言も。そして最後は、「生まれ、生きていく上で、脳・心・体などが自分自身を作り、人生を歩んでいく。人生を作り、生き、それがうまくいくことを願うだけなんだ」とまるで悟りの境地にでも達したかのような、キアヌの死生観が垣間見れる言葉で締めくくっている。

 

【STORY】
神経科学者ウィリアム・フォスター(キアヌ・リーブス)は人間の意識をコンピュータに移す実験を今にも成功させようとしていた。しかし、突然の事故で家族4人を失ってしまい、タブーを犯す決断をする。彼は家族の身体をクローン化し、意識を移し替え、完璧なレプリカとして甦らせることに成功したのだ。ただし、彼らの記憶を少し改ざんして―。家族と幸せな日々を送ろうとするウィリアムだが、研究を狙う政府組織が、サンプルとして家族を奪おうと襲い掛かる。愛する家族のため、暴走した科学者の戦いが今、始まる!

作品情報

『レプリカズ』
5月17日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

出演:キアヌ・リーブス、アリス・イブ ほか
監督:ジェフリー・ナックマノフ
脚本:チャド・セント・ジョン
配給:ショウゲート
© 2017 RIVERSTONE PICTURES (REPLICAS) LIMITED. All Rights Reserved.

オフィシャルサイトhttp://replicas.jp/

キアヌ・リーブスの“死生観”とは……? 映画『レプリカズ』インタビューで撮影地、神経科学について語るは、【es】エンタメステーションへ。

更新日:2019年6月9日
提供元:エンタメステーション

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(動画)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME