top_line

ウミガメの産卵がみられるかも【メキシコ】

ワウネタ海外生活


メキシコの沿岸部は、ウミガメの産卵地。
4月から10月にかけて、産卵が行われます。
特に観察に適しているのがメキシコの西部、カリブ海の沿岸で、世界的に有名なリゾート地のカンクンから南に行ったトゥルムが有名です。

ウミガメを見ることができるかどうかは、運にもよりますが産卵のピークが6月ごろから9月ごろまで。
ウミガメが誕生するシーンは8月から11月の初めごろまでがシーズンになります。
8月頃であれば両方を見ることができるかもしれません。
ウミガメが陸に上がってくるのは夜に入ってからで、夜のビーチを散策していると遭遇できるかもしれません。
産卵を見るときの注意点は、非常に臆病な動物なので近づきすぎないことです。
もちろんフラッシュを使ってもいけません。
また、近年はウミガメや卵の密漁や乱獲が問題になっています。
警察関係者が見回りをしているケースもあるので、声をかけられたときには目的を話すことと身分証明書を提示できるようにするとよいです。

TOPICS

ジャンル