【悲報】ローソンの「トルコライスおにぎり」を食べてみるもナポリタンが不憫すぎて泣いた

【悲報】ローソンの「トルコライスおにぎり」を食べてみるもナポリタンが不憫すぎて泣いた
おにぎりといったらシーチキン、鮭、明太子! なんてのはもう古い。最近のおにぎりは何でもありだ。なんせローソンに […]

おにぎりといったらシーチキン、鮭、明太子! なんてのはもう古い。最近のおにぎりは何でもありだ。なんせローソンには悪魔がいるからな。いや悪魔て! ホントに何でもありだな!! と思ったら、同じくらいヤバイおにぎりをローソンで発見してしまったぞ。その名も『トルコライスおにぎり』。

「トルコライス」とは長崎発祥のご当地グルメのことで、ピラフとスパゲッティ、トンカツが一つの皿に乗った総力戦のような夢料理である。そんなボリュームの塊みたいな ごちそうを、おにぎりにするなんて果たして可能なんだろうか? さっそく食べてみたところ、ナポリタンが不憫すぎて泣きそうになってしまった。

・ローソンの新商品

先日たまたま発見した『トルコライスおにぎり(税込198円)』。2019年5月21日に発売となったローソンの新商品らしい。トルコライスは私(あひるねこ)も食べたことがあるが、あの三位一体・味のジェットストリームを再現するには、おにぎりという器は いささか小さいような気もしなくはない。

・トルコライスをおにぎりに

パッケージには「カレーピラフ・デミソースかつ・ナポリタン」の文字が。まあカレーピラフは分かる。おにぎりだからな。デミソースかつは、具として入っているのだろうか。じゃあナポリタンは!? ナポリタンの居場所はいずこ!? 完成形がまるで見えてこないなか、いざ! 袋をオープン!!

・ナポリタンの行方

予想通りカレーピラフで握られたおにぎりに、カツがまさかの外付けという形で豪快にドッキングしている『トルコライスおにぎり』。どこかローソンストア100の商品のような武骨さを感じずにはいられない。ただ、これはこれで男の子っぽくていいような気がするぞ。

が!

やはりナポリタンの姿が見えない。一体どこにいるんだ……。ま、まさか具に!? 炭水化物・イン・炭水化物!? なんて暴力的な……。こうなったらおにぎりをブッタ斬り! 鬼・斬り!!

しかし、どういうわけかここにもナポリタンはいない。もはや神隠し。ピラフとカツしかいないなんて、そんなのトルコライスじゃないってばよ! と思いきや、よく見たら……ピラフとカツの隙間に……。

いた……! ナポちゃん……!!

・不憫なナポちゃん

ようやく見つかって一安心。だがしかし。果たしてこんな細切れでいいのか? 細かすぎてこれでは……スパゲッティというよりただの米ではないか。スパ飯やないか。ピラフとカツに比べて、少々扱いが雑なような気がしてならない。

とりあえず食べてみるも……。

うん、ナポリタンの気配しねぇ。

・惜しい

いや、ウマいことはウマいのだ。カレーピラフは思ったよりスパイシーだし、カツも大きいだけあって食べごたえがある。しかし、ナポちゃん……! ナポちゃんの存在感が薄すぎる……!! 本当はもっとやれる子なのに……! 実力を発揮したくてもできないナポちゃんの姿に、先ほどから涙が止まらない。

個人的な感想を言わせてもらえば、この『トルコライスおにぎり』は変わりダネの新おにぎりとしてはアリ。トルコライスとしてはナシである。ローソンよ、できれば三つの比率をすべて同じにしてくれないか。トルコライスの肝は、あの三位一体の妙にあるのだ。厳しいことを言ってきたが、期待しているぞ!

参考リンク:ローソン「トルコライスおにぎり」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

更新日:2019年5月31日
提供元:ロケットニュース24

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(グルメ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME