top_line

英語と日本語の本【アメリカ・ロサンゼルス】

ワウネタ海外生活


日本には、日本語で英語について説明する本はたくさんあるでしょう。アメリカでは、英語が公用語となるので、当然英語で日本語の説明をすることになります。

そんな英語と日本語の本がこちらです。見てお分かりの通り、子供向けなのですが、中身を見ると「こんなに子供用なのに難しいの?」と感じてしまう内容です。



五十音もひらがなとローマ字で記されているのですが、「発音的にはこんな風にローマ字で綴るの?」と、これで日本人の私たちも逆に英語が学べるシステムになっています。ただ、会話内容を見て見ると、色々な場面におけるフレーズが英語と日本語で書かれているのですが、やはりちょっと難易度が高めといった感じです。子供用ですから、子供のフレキシブルな脳みそにはこのくらいでも問題ないのかもしれませんが。




こういった本が手に入るのも、人種のるつぼであるアメリカらしいですよね。ただ、中国語や韓国語、スペイン語の本と比べれば、圧倒的に英語と日本語の本は少ないです。

TOPICS

ジャンル