top_line

吉田沙保里、E1 東名高速道路 全線開通50周年記念イベントに登壇!記念モニュメントに最初のペインティング

music.jp

吉田沙保里、E1 東名高速道路 全線開通50周年記念イベントに登壇!記念モニュメントに最初のペインティング(C)music.jp 一般参加型で制作する記念モニュメントに、吉田沙保里さんが記念すべき最初のペインティングを実施!
NEXCO中日本は、E1東名高速道路(E1東名)が全線開通50周年を迎えるのを記念し制作される『東名高速全線開通50周年記念モニュメント』の除幕式を、吉田沙保里さんをゲストにお迎えし、50周年当日となる2019年5月26日12:00より足柄サービスエリア(SA)(静岡県駿東郡小山町桑木603-18)で開催しました。

NEXCO中日本(本社・名古屋市中区、代表取締役社長CEO・宮池克人)は、E1東名高速道路(E1東名)が全線開通50周年を迎えるのを記念し制作される『東名高速全線開通50周年記念モニュメント』の除幕式を、吉田沙保里さんをゲストにお迎えし、50周年当日となる2019年5月26日12:00より足柄サービスエリア(SA)(静岡県駿東郡小山町桑木603-18)で開催いたしました。

 会場となった足柄SAのイベントスペースに、SAをご利用のお客さまや地元にお住いの方々約300名が詰めかけるなか、ゲストとして吉田沙保里さんがステージに登場。現役時代、東京と愛知を拠点にご活躍された吉田さんは東名高速道路を幾度となく利用されていたとのことで、「子供の頃は、父親が運転する車に乗り、週末になると試合の遠征で高速道路をよく利用していました。遠征帰りでは、サービスエリアによって食事をしたり、キーホルダーを集めたりしていました」とコメントし、当時を懐かしむ様子でした。また、50周年という一つの節目を迎えた東名高速道路にあゆみに関する当社社長・宮池克人の話と重ね合わせ、「自分も今年現役引退という節目を迎え、約5か月が経ちましたが、レスリング以外のこともたくさん経験させていただき、楽しい毎日を送っています」とコメントしました。

 その後、当社社長および地元足柄にお住まいのお子さま4名とともに、50周年記念モニュメントのアンベール・セレモニーに参加。東名高速道路になじみのある富士山をモチーフに、お客さま投票で決定した東名全線開通50周年の記念ロゴを上部に冠したモニュメントが登場し、会場は歓声と拍手に包まれました。

 このモニュメントは、当日ご来場いただているお客さまにもペインティングにご参加いただくことで完成する仕様となっており、その記念すべきファースト・ペインティングを吉田さんに行っていただきました。晴天に恵まれた当日の空の色と同じ、青色のアクリル絵の具を力強くペイントした吉田さんは、会場に詰めかけたお客さまに向けて、「ぜひたくさんの方にペインティングに参加いただき、カラフルなモニュメントを完成できればうれしいです」とコメントしました。

■『東名高速全線開通50周年記念モニュメント』について


東名高速道路から雄大な姿を見ることのできる富士山をモチーフに、お客さま投票で決定した東名全線開通50周年の記念ロゴを上部に冠したモニュメントです。セレモニーで吉田沙保里さんに最初のペインティングをしていただいたモニュメントは、セレモニー終了後に行われたワークショップで、神奈川県在住のアートユニット「Fujiyoshi Brothers」と当日ご来場いただいたお客さまによって次々と色が加えられていき、色鮮やかなモニュメントとして完成しました。このモニュメントは、足柄SA(下り)内に設置し、フォトスポットとして活用する予定です。

≪参考≫50周年記念ロゴマークについて
50周年記念モニュメントの上部にも設置されている東名全線開通50周年記念ロゴマークは2018年4月25日から6月1日まで実施したお客さま投票で決定しました。

TOPICS

ランキング

ジャンル