五十嵐カノア選手が日本人として“WSLチャンピオンピオンシップツアー”初優勝の快挙達成!

五十嵐カノア選手が日本人として“WSLチャンピオンピオンシップツアー”初優勝の快挙達成!
2019年5月25日、2019 WSL MENS チャンピオンシップツアーの第3戦「Corona Bali Protected」でクイックシルバー契約選手の五十嵐カノアが日本人初としてはもちろん、アジア人としても初めてWSLチャンピオンピオンシップツアー初優勝の快挙を達成しました。
2019 WSL MENS チャンピオンシップツアーの第3戦「Corona Bali Protected」は、時おり6フィートクラスの波が押し寄せるエピックコンディションの中ファイナルデイを迎えた。本コンテストのラウンド1では、殆ど波に乗ることがなく、エリミネーション(敗退者決定)に回った五十嵐カノア。だが、そこから集中力を発揮。徐々にカノアらしいサーフィンを取り戻しながら調子を上げ、ファイナルデイに進出した。

クォーターファイナルのヒート4に登場するとベテランのエイドリアン・バッカン(AUS)を堅調なサーフィンで撃破し、セミファイナルに進出。ここで11回のワールドチャンピオンであるケリー・スレーター(USA)と対決、まさにドリームマッチが実現した。バレル勝負に持ち込もうとするケリーに対し、カノアはスピードのあるサーフィンと切れ味鋭いカーヴィングターンで対抗。ケリーにグッドスコアで先行されるものの、中盤に7点代を連発、そして最後にはプライオリティ(優先権)を駆使し、キング、スレーターを押さえ込みファイナルに進出した。

迎えた決勝。対戦相手は同じチームメイトのジェレミー・フローレス(FRA)。9.1ptのエクセレントをスコアしたカノアが一時、コンビネーション(1本の波では逆転できない状況)まで追い込むも、ジェレミーが8.93ptで反撃を開始、終盤はお互いに良い波を掴めず硬直状態。ジェレミーがラストライドで逆転を狙ったが届かずタイムアップ、カノアが嬉しいチャンピオンシップツアーでの初優勝を果たした。

表彰式でカノアは「日本の皆さん本当にありがとう!ここバリまで日本の旗を持ってきてもらってありがとうございます。日本人で初めてのCTチャンピオンになりました。これからも日本人CT選手が増えるように一緒に頑張りましょう!」とコメントし、日本人ファン達と優勝の喜びを分かち合った。今回の優勝は、歴史あるワールドツアーにおいて日本人初としてはもちろん、アジア人としても初の大快挙。サーフィン史にまた新たな名前を刻んだ。Cogratulations、KANOA!

4シーズン目の参戦となる今年の開幕の前に「今年は1戦は優勝したい。そしてTOP5に入る」と目標を掲げていたカノア。今回の優勝でワールドランキングも2位にジャンプアップ。この2つのゴールのクリアも現実味を帯びてきた。これからもカノアの応援をよろしくお願いします。

■五十嵐カノア■
1997年10月1日生まれ 180cm 80kg
日本人の両親の元、アメリカ・カリフォルニアで生まれ育つ。幼少の頃よりカルフォルニアにて数々のアマチュアコンテストで優勝。2009年にNSSA(アメリカアマチュアサーフィン組織)にて30勝し、年間最多記録を樹立。翌年には全米チャンピオンを獲得した。2016年に18歳の最年少選手として世界最高のサーフリーグWSL CT(チャンピオンシップツアー)に日本人選手として初参戦を果たし、2017年には日本国籍でのツアー参加を表明した。2017、2018年と世界最大級のサーフィンコンテスト「USオープン」で2連覇の偉業を達成、また昨年は「2018 ISAワールドサーフィンゲームス」に日本代表として参加、個人で銀メダルを獲得、団体での日本サーフィン史上初の金メダル獲得に大きく貢献した。2019でCTツアー参戦4年目

更新日:2019年5月31日
提供元:music.jp ニュース

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME