top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小嶺麗奈はどこで間違えたのか 前途洋々だった女優人生の転機

女性自身

小嶺麗奈(38)が田口淳之介(33)とともに5月22日、大麻取締法違反の容疑で逮捕された。各メディアによると、2人は調べに対して容疑を認めているという。また田口容疑者が大麻について「2人のもの」と説明しているいっぽう、小嶺容疑者は「自分1人のものだ」と話しているという。

 

Twitterでは“女優・小嶺麗奈”のファンから失望の声が上がっている。

 

《昔の彼女は可愛いを一切排除した完璧な美少女だった。ミステリアスでしっとりして10代で完璧な女優オーラで末恐ろしかった》
《「水の中の八月」や金八先生での演技を見て、将来大女優になるかもと思いました。容疑が本当なら残念です》
《良い女優さんだったのに、いつのまにか見かけなくなってこんなことになって残念》

広告の後にも続きます

 

小嶺容疑者は94年、篠山紀信氏(78)撮影の写真集「少女革命」のモデルとしてデビューした。当時中学1年生の13歳。12万部を売り上げた同作で小嶺容疑者はヌードも披露していた。

 

「篠山さんは当時『強い意志を持った女の子だ』『女優に向いている』と小嶺容疑者の存在感を絶賛していました。監督を務めた石井岳龍さん(62)も小嶺容疑者の写真に惹き込まれ、映画『水の中の8月』の主演に大抜擢していました」(映画関係者)

 

小嶺容疑者はその神秘的な雰囲気と確かな演技力で、95年「3年B組金八先生」(TBS系)や96年「イグアナの娘」(テレビ朝日系)などのドラマで次々と難役に挑戦。さらに4社とCM契約をするなど、着実に女優としてステップアップしていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル