イチローが「名球会」入りの資格を得る安打(2004年5月22日)

イチローが「名球会」入りの資格を得る安打(2004年5月22日)
2004年、イチローは打率.372をマークし、メジャーで2度目の首位打者となった プロ野球の歴史の中から、日

2004年、イチローは打率.372をマークし、メジャーで2度目の首位打者となった

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2004年5月22日だ。

 現地時間2004年5月21日(日本時間22日)、マリナーズのイチローが大記録を達成した。シアトルでのタイガース戦、第3打席でロバートソンから中前打。これはメジャーで722本目の安打で、日本での1278安打を加えると2000安打となり、「名球会」入りの資格を得た。

 日米での2000安打というのは、あくまで日本の中での話題かと思われたのだが、そうではなかった。4万人近いセーフコ・フィールドのファンは総立ちでイチローに祝福の拍手を送ったのである。

「ファンの人たちが喜んでくれたことに感激しました。たかが日本の記録じゃないか、という見方もあると思ったので……」とイチローは言ったが、3年連続200安打以上をマークしたイチローは、もはやシアトルのファンの誇りになっていたのだ。

 日米の違いということを無視すれば、1465試合での到達はメジャー・リーグでは6番目のスピード記録。日本ではもちろんダントツの最速達成だ(これまでの記録は元巨人・川上哲治の1646試合)。30歳212日での達成も最年少(2位は元東京などの榎本喜八)。やはり、日米通算2000安打達成は大変なことなのであった。

写真=Getty Images
更新日:2019年5月24日
提供元:週刊ベースボールONLINE

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME