外国人にモテる女性の特徴とは?

外国人にモテる女性の特徴とは?
●日本人女性は外国人男性にモテる? 東京オリンピック・パラリンピックの開催の影響もあってか、街中で外国人観光客を見かけることが日常的になりました。

もちろんこれより以前から、ネットの発達によって日本の文化に興味を持ち、日本に留学や就職をする外国人は増えています。中にはそのまま日本人と国際結婚して、日本で暮らす外国人も珍しくないですよね。

 逆にビジネスやボランティアのために海外へ出る日本人も増えており、日本人と外国人が出会う機会はとても多くなりました。そんな時代の流れを反映してよく聞かれるようになったのが、「日本人女性は外国人男性にモテる」という言葉です。

 これが事実なのかというと、実際に海外で就職したり旅行添乗員として世界各国を回ったりした日本人女性から見ると、「イエス」と言えるようです。それでは、どんな日本人女性が外国人男性にモテるのでしょうか。

●どんなところが魅力と思われている?

 外見的な特徴では、やはりエキゾチックな黒髪と黒い瞳が人気です。日本のおしゃれな女性は髪を染めたりカラコンを入れたりしていろいろな自分を楽しみますが、外国人男性と向き合うなら生まれつきの髪や瞳でいたほうがモテるでしょう。最近では清楚で知的な黒髪を好む日本人男性も増えています。

 また美意識が高く、肌が白くてきれいなところもモテるポイント。もちろん、白人女性のほうが肌は白いです。しかし白人種は日本人が属する黄色人種よりも皮膚に色をつけるメラニン色素が少なく、潤い成分を含む真皮層も薄め。このため紫外線に弱く、しわやたるみができやすい傾向にあります。これに対し日本人女性は白人種より紫外線耐性があるうえに美肌と美白の努力を惜しまないため、透明感ある白い肌をしています。これが外国人男性の心を引きつけるのです。

 しかし黒髪と黒い瞳で色白の美肌といえば、韓国人女性も当てはまりますよね。それなのに特に日本人女性がモテるわけは、性格的な特徴にあります。

 その特徴を端的に表す言葉は、いわゆる「日本人女性らしさ」である「大和撫子」。気品があり淑やかで従順な女性のことですね。このような女性は前時代的と言われがちですが、日本人女性はやはり他国の女性と比べて控えめで、男性を立てる意識が強いです。海外ではレディーファーストが常識なので、外国人女性は男性から親切にされて当然と考えていますが、日本人女性は親切にされるときちんと感謝してくれるので、外国人男性はうれしく感じます。

 またおとなしく控えめな性格には、守ってあげたいと思わせる魅力があります。実は同じアジア圏でも韓国や中国の女性は自己主張が激しいので、外国人男性は日本人女性に惹かれやすいのです。

●日本人女性が特にモテる国はココ!

 ただし、ひとくくりに外国人男性と言っても国によって文化や価値観は違いますよね。そこで、どの国でどんな日本人女性がモテるのか見てみましょう。

 日本人女性がモテモテになる国といえばトルコです。トルコは親日国であることに加え、ヨーロッパとの混血が多いことからアジアンビューティーに神秘的な美しさを感じる男性が多数とのこと。また国民の大半が入信しているイスラム教の戒律で独身女性に触れてはならないため、イスラム女性のように控えめで禁欲的な日本人女性に積極的にアプローチします。トルコに行ったら困るほどモテたという日本人女性はとても多いようです。

 イタリアも日本人女性が大変モテる国です。もともと恋多き男性が多いイタリアですが、特に日本人女性の小柄で愛らしいところに庇護欲をくすぐられるそうです。国民性であいさつのようにナンパをするので、告白されても真剣に受け止めて大丈夫かどうか冷静に見極めることが大切ですよ。

 実はインドネシアも日本人女性がよくモテます。赤道に近い常夏の国なので現地女性は小麦色の肌が多く、日本人女性の透き通った白い肌に魅力を感じる男性が多いのだとか。貧富の差が激しい国なので、日本人女性の経済力を目当てにしていることもあり、注意が必要です。

 このほかにも、常に自己主張を求められるアメリカ人男性は、日本人女性の控えめで相手を立てるところに安らぎを感じるそうです。また、イギリス人男性は同じ島国だからか日本人男性と感性が近く、日本人女性にとって理解しやすいタイプです。

 「日本人男性は私の魅力を理解していない!」と感じる日本人女性は、外国人男性にアプローチしたほうがモテモテになれるかもしれませんよ。

更新日:2019年5月21日
提供元:日刊ホントの話 for スゴ得

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME