過去にはバイクレースも参戦「高田純次」72歳の乗り物愛

過去にはバイクレースも参戦「高田純次」72歳の乗り物愛
  タレントの高田純次が、都内の首都高速道路で衝突事故を起こしていたことを『週刊文春』が報じた。高田が起こした交通事故は、2009年、2018年の事故に加え、今回が3回目となる。   事故が起きたのは4月14日で、高田は...

 

 タレントの高田純次が、都内の首都高速道路で衝突事故を起こしていたことを『週刊文春』が報じた。高田が起こした交通事故は、2009年、2018年の事故に加え、今回が3回目となる。 

 

 事故が起きたのは4月14日で、高田は文春の取材に対し「当たった認識はなかった。もちろん僕のほうに非はあるんでしょうけどね。それを私のほうで(治療費は)全部持ちます、ということを保険の方には色々話しましたけどね」と説明しているという。

 

 

 高田は現在72歳。そもそも運転自体やめておけばいいのでは、という意見もあるが、そうもいかないようだ。高田は自他ともに認める乗り物好きで、過去に本誌の取材でも、学生時代から自分で稼いだカネでバイクを購入し、乗り回していたことを明かしている。 

 

「2輪免許の取得を決意し、試験場での『一発狙い』に挑んだのが20歳のとき。17回めでやっと合格しました。
(当時は)美大に一浪して、デザイン学校に通ってました。日給いくらのバイトで、中古の50ccのバイクを買って、免許取りたてで、1カ月半ぐらいかけて北海道まで行ってね。オーバーヒートはすぐするし、バイクのことは、何もわからなくて。無謀ですよね」

 

 1989年、1990年には、2輪界最大のイベントともいわれる『鈴鹿8時間耐久ロードレース』にチームを結成して参戦している。「あの音と匂い、それからチーム同士の交流にシビれちゃうんですよ。知らず知らずのうちに気持ちが通じ合うようになって、お互いのミスを助けあってるうちに、『熱いもの』が体に流れてくるんですよね」と当時本誌に語っていた。

 
 車やバイクを乗りこなしていた経験は、実際に高田の俳優としてのキャリアにも生きている。劇団で活動しながら、家族の分まで肉体労働で生計を立てていた高田は、『産経新聞』(2014年3月26日)で「俺、4トントラック運転できるから、アスファルトの材料を川崎まで取りに行ったりしました」と明かす。そんな過去があったからか、のちにトラックドライバーの役で、名女優・京マチ子と共演を果たしたという。

 

 高田の人生と乗り物は切っても切り離せないようだ。だが、ここ数年、高齢者による交通事故が大きな問題になっているのも事実。週刊文春によると、高田は「自分が(運転で)危ないなと思うことはほとんどない」と話しているというが、そろそろ免許返納を真剣に考える時期なのかもしれない。

更新日:2019年5月18日
提供元:SmartFLASH

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME