【V.I事件】関与の夫に対する嘆願書を提出…

【V.I事件】関与の夫に対する嘆願書を提出…
グループBIGBANG出身のV.I(スンリ)と、ユ・インソク ユリホールディングス前代表の売春斡旋、横領容疑に対する拘束令状が棄却された。
そんな中、ユ・インソクの妻で女優のパク・ハンビョルが、ユ・インソクに対する嘆願書を提出したことが分かった。

15日、パク・ハンビョルの所属事務所の関係者は、パク・ハンビョルがユ・インソクに対する嘆願書を提出したのかについて「プライベートな部分なので、所属事務所側にも詳しいことは伝わってきていない」と明らかにした。

この日、ある媒体はパク・ハンビョルが14日に弁護人を通じてA4用紙3枚分の自筆の嘆願書を裁判所に提出したと報道した。

パク・ハンビョルは嘆願書に「私の夫はこの状況を回避したり、逃走するつもりはまったくない。不拘束状態で引き続き忠実に調査に応じることを、一家庭の妻としてお約束する」という内容を作成したという。

彼女は夫がこれまで10回を超える警察の調査に誠実に応じてきたという点と、幼い子供の父親という点などを嘆願書に書き記した。公開された嘆願書の内容によると、二人の間に昨年4月に生まれた息子は、先月1歳の誕生日を迎えたという。

一方ソウル中央地方法院は14日、V.Iとユ・インソクに対する令状実質審査を進めた。3時間ほど令状実質審査を受けた結果、裁判所は「主な容疑である法人資金横領の部分は、ユリホールディングスおよびバーニング・サン法人の法的性格、株主構成、資金の使い道などと照らし合わせ、刑事責任の有無および範囲に関する争いの余地がある」として彼らに対する拘束令状を棄却し、二人はこの日の午後10時すぎに帰宅した。

(c)STARNEWS
更新日:2019年5月16日
提供元:韓流大好き!

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME