top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

炎上した「佐藤浩市」知られざる父・三國連太郎の戦争体験 

SmartFLASH

 

 

 俳優の佐藤浩市が「安倍首相を揶揄した」として、ネット上で大バッシングを受けている。槍玉にあがったのは、『ビッグコミック』(小学館)に掲載された、映画『空母いぶき』に関するインタビューだ。

 

 佐藤は映画で総理役を演じているのだが、インタビューでこんな話をしている。

広告の後にも続きます

 

「最初は(総理役を)絶対にやりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代には残ってるんですね」

 

 

「やりたくなかった」とした上で、自らが演じる総理について「彼(総理)はストレスに弱くて、すぐにお腹を下してしまうっていう設定にしてもらったんです。だからトイレのシーンでは個室から出てきます」と語る。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル